2021年6月から始まった新型コロナウイルスワクチンの職域接種。私は開始した初日にワクチンを接種することができたので、今回、接種会場の様子やその後の経過についてレポートします!ワクチン接種時の流れや副反応について気になっている方はぜひチェックしてみてくださいね。

今回接種したのはモデルナ社の新型コロナワクチンでした。また、私自身はアレルギーや持病を持っておらず、接種当日も万全の体調で向かいました。

接種当日

 ワクチンは肩の筋肉に接種するため、私は肩を出しやすいノースリーブのワンピースを着て準備しました。接種するのは本当に肩の近くなので、接種前に自分の服装が肩を出しやすい恰好なのか確認しておくことをおすすめします。会場では、Tシャツ姿の方が多かったです。

都内にある接種会場に、受付開始時間の15時過ぎに到着。私よりも前の時間帯の方々が終わっていない、ということで10分ほど待合室にて待機しました

 その後、問診の待機列に移動し、さらに問診まで10~15分ほど並びました。問診では、事前に記入していた問診表をもとに体調やアレルギーの有無などを聞かれ、すぐにワクチン接種へ。

ついにワクチン接種へ……!

 筋肉注射は痛そうなイメージを持っていたのですが、意外とそれほど痛くはありませんでした。あくまでも個人の感想になりますが、私は筋肉注射よりも採血の注射のほうが嫌だなあ、と思います。過去にも一度、筋肉注射を受けたことがあり辛かった記憶があるのですが、今回は思っていた以上に特に問題なく平気でした。

 接種後、別の部屋で状態観察のため15分ほど座っていました。私は特に、アレルギーやアナフィラキシーショックの経験がないため15分で終わりましたが、人によっては30分ほど状態観察を行うようです。接種直後は特に痛みを感じられず、他の方も「痛いような気もするが、ただの思い込みかもしれない」と話していました。

 状態観察が終わり、接種会場を出たのはちょうど16時。会場入りから接種終了まで1時間ほどかかりました。初日のためスタッフの方が慣れていない様子も見られましたが、混雑具合や時期によっては、所要時間は前後しそうです。

帰宅後から翌日

 接種してから1~2時間後、なんとなく腕が痛いような気がしていたのですが、帰宅後の19時ごろ(接種から約3時間半)、筋肉痛のような痛みをはっきりと感じ始めました。特に90°以上腕を上げようとすると痛くなり、これから徐々に痛みが強くなりそうな予感がしました。

 さらに痛みは強くなり、接種から5時間半後の21時ごろは、45°以上腕を上げるとかなり辛かったです

 特に大変だったのが就寝中でした。私は普段身体を横向きにして寝ているのですが、腕が痛いため、仰向けで寝なくてはいけませんでした。少しでも腕が動くと痛みを感じるため、あまりリラックスした体制で寝ることができなかったです。

翌日から痛みが引くまで

 翌日になっても、あまり腕を動かすことはできず30°~45°以上上げようとすると痛みを感じました

 痛みが引き始めたのは接種した翌日の夜ごろ。徐々に腕も上げられるようになり、バンザイをしても問題なくなったのは、3日後でした。腕は上げられても、接種箇所を触るとまだ痛みが残っていたのですが、接種から5日後には完全に動かしたり触ったりしても痛くなくなりました。

会社の同僚の感想

 社内のワクチンを接種した他の方にも話を聞いてみましたが、ほとんどの方は「筋肉痛のような痛みが当日夜~翌日に強くなる」副反応が出ていました。一方で中には、接種直後から頭痛がして38℃近い発熱症状が出たり、倦怠感が表れたりした方もいたようです。特に副反応の強かった方は「2日経っても歩く振動ですら腕が痛くて、頭を洗うときが辛かった」と話していました。

 また、社内には過去新型コロナウイルスで無症状の陽性になったことのある方もいるのですが、過去陽性になったからといって、ワクチン接種による副反応が重くなったり、接種会場での対応が変わったりすることはなかったようです。

みなさんの地域ではワクチン接種の進み具合はいかがですか。

これまでに経験したことのない日々が続きますが、少しでも早くコロナが収束することを願います。

The following two tabs change content below.

StartHome編集部

快適な"Webサイトの入口"をお届けするStartHome編集部です。

Twitterでも最新記事をチェック!