マンガアプリ「マンガボックス」人気No.1マンガ「恋と嘘」のアナザーストーリー

 マンガアプリ「マンガボックス」で連載スタート後、またたく間に人気No.1の大ヒットを記録し、アニメ版も大好評の本作が、原作とのつながりを持つアナザーストーリーとして待望の実写化が決定。
 

ある日、私たちは「恋」を通知される

 少子化が進んだ未来の日本では「超・少子化対策法」が制定されている。遺伝子情報などをもとに選出された最良のパートナーを知らせる「政府通知」が満16歳になる日に国民に届けられる。政府通知が来ると”自由恋愛”は禁止となるが、遺伝子レベルでのマッチングシステムは”科学の赤い糸”と呼ばれ、国民は政府通知こそが運命の相手だと受け止めている。

sub_1_R

いつも支えてくれる”最高”の幼なじみか 政府が教えてくれた”最良”の結婚相手か

 人よりちょっと優柔不断な主人公、仁坂葵(森川葵)は、運命の相手がわかる日をずっと心待ちにしている女子高生。そんな葵は、通知が届く誕生日の前日に幼なじみの司馬優翔(北村匠海)に突然告白されてしまう。戸惑う葵のもとに、無口でミステリアスな男、高千穂蒼佑(佐藤寛太)が葵の政府通知のパートナーとして現れる。はじめは蒼佑のぶっきらぼうな態度に困惑していた葵だが、次第に蒼佑に心惹かれていく…。しかし、いつも葵を気にかけてくれ、応援してくれている司馬には大きな秘密があった。2人の間で揺れ動く葵の運命とは…?

sub_4_R

近未来のロミオとジュリエット

 いま、若者の間では「恋愛離れ」が急増している。進む少子化・晩婚化に歯止めをかけるべく政府が制定した「超・少子化対策法」は、そう遠くない未来に実現するかもしれない。そんな現代の恋愛事情を反映しつつ、普遍的な「人を愛する」ということをテーマにした本作。女子ならば誰もが知りたいと思ったことがある「赤い糸」の相手は、どんな恋愛占いよりも確かな情報で提供される。白馬に乗った王子様のおとぎ話が現実となるのだ。しかし、身近にいる「運命ではないかもしれないけど好きな人」に気持ちが揺れ動くのもまた現実。
女子が憧れる素敵なデートシーンや、なんど5回にも及ぶキスシーンにも注目だ。
10代特有の心の繊細さときらめく青春、そして司馬の秘密が明かされる儚いラストに胸を打たれるだろう。


◆作品タイトル:『恋と嘘』
◆公開:10月14日(土)全国ロードショー
◆コピーライト:(C)2017「恋と嘘」制作委員会(C)ムサヲ/講談社
◆配給:ショウゲート
◆出演:森川葵、北村匠海、佐藤寛太、浅川梨奈、田辺桃子、遠藤章造、眞島秀和、温水洋一、中島ひろ子、三浦理恵子、木下ほうか、徳井義実
◆監督:古澤健 ◆脚本:吉田恵里香 ◆主題歌:阪本奨悟「HELLO」(A-Sketch)

hon_poss

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ