長引く新型コロナウイルス感染症の影響で様々な業界が影響を受けている中、特に飲食業界、エンタメ業界は、自粛の要請もあり、かなりのダメージを受けている。

その影響は、演劇や舞台を心待ちにしている人たちにも波及し、好きな作品や役者の活躍が見れずに歯がゆい思いをしている人も多いのではないだろうか。

このような状況下にあって、「役者が好きな人、演劇が好きな人、食事やお酒が好きな人、そんな人たちに気軽に“ふらっと”立ち寄って欲しい。」そんな想いで立ち上がったのが、どんな場所でも演劇を行う“♭FLATTO”だ。

今回、StartHome編集部では、そんな新しい取り組みを行う“♭FLATTO”の第1回公演「春はのけもの」を独占取材してきた。

第1回公演は甘酸っぱい青春を描いた群像劇「春はのけもの」

“♭FLATTO”の記念すべき第1回公演は、会場BAR TRIANGLE 渋谷にて、5月12日(水)~5月21日(金)までの全10公演が予定されている。

公演作品は、映像作家として、webドラマや企画CM、舞台の脚本・演出などで幅広く活躍する横大路伸さんによって手がけられた青春群像劇「春はのけもの」だ。本作品は、高校生ならではの素直さやまっすぐさ、そしてそれぞれが抱えるの心の葛藤が丁寧に描かれた、まさに文字通り”青春”をテーマとした作品である。


”ヒロインの咲良(さくら)がある年の春について話はじめる・・・

転校生のひばりを一目見たとき、ずいぶん昔から知ってるような、「恋心」に近い不思議な感覚を持ち、ひばりと仲良くなりたい!と伝えたが・・・

素直で真っ直ぐな咲良と、それを見守る幼馴染のどかとのやり取りはまるで漫才のよう。

笑いあり、涙あり、甘酸っぱい青春時代を描いた作品。”

本公演は、会場での観賞だけでなく、オンライン配信も行われている。新型コロナウイルス感染症の影響で、舞台や演劇などのイベントの休止が相次ぐ中、自宅から気軽に演劇を楽しむことができるのも嬉しいポイントだ。もちろん会場では万全の感染症対策が実施されているので、お時間に余裕のある方は、ぜひ安心してBAR TRIANGLE 渋谷まで足を運んでもらいたい。

各種チケットは下記ページより購入することができるので、興味のある方はチェックしてみてはいかがだろうか。

【LivePocket-Ticket】

https://t.livepocket.jp/e/flatto_harunoke

チケット料金:10,000円(自由席・税込)

― 特典内容 ―
・「春はのけもの」会場限定冊子(出演者全員サイン付き)
・5月12日生配信アーカイブ映像URL
※5月12日の生配信映像を予定しております。内容の変更の場合もございますので、ご了承ください。
※後日メールでURLをお送り致します。

【Confetti Streaming Theater】

https://www.confetti-web.com/flatto

販売公演:5月12日(水)19:00 生配信公演(アーカイブ視聴あり)
チケット料金:2,500円 (税込)

販売公演:5月21日(金)19:00 生配信公演(アーカイブ視聴あり)
チケット料金:2,500円 (税込)

♭FLATTO「春はのけもの」スペシャル映像
チケット料金:3,000円 (税込)

「春はのけもの」の見どころはいかに?

小規模会場ならではの臨場感

公演を見ていて、まず「あっ」と驚いたのは、その臨場感である。本企画は、エンタメ業界同様に甚大な影響を受けている飲食店への集客も目的とされているため、何百、何千と収容する会場とは異なり、小規模会場で行われている。

そのため、役者と観客の距離感が近く、迫真の演技を間近で見ることができるのが大きな特徴である。また、座る座席によってまったく違った見え方になるのも、距離感が近い小規模会場ならではのおもしろさの1つ。コロナ禍でデリケートな時期ではあるが、せっかくであれば、臨場感たっぷりの演技を見るために、ぜひ会場まで足を運ぶことをおすすめしたい。

主人公咲良とツッコミ役で幼馴染のどかの掛け合いが面白い

本作品がおもしろい理由の1つとして、登場人物の掛け合いの面白さが挙げられるだろう。素直で真っ直ぐな主人公咲良と、それを見守るツッコミ役で幼馴染のどかとの間のやり取りはテンポがよく、まるで漫才を見ているかのような小気味の良さなのである。

物語自体のおもしろさだけに加え、こうしたコメディの秀逸さも作品を魅力的なものにし、観客は1時間の作品があっという間に感じられること間違いないだろう。

青春を感じずにはいられない心の機微や葛藤

主人公の咲良、幼馴染ののどか、転校生のひばり、それぞれが抱える高校生ならではの心の機微や葛藤が丁寧に表現されている点は、大きな見どころの1つだろう。かくいう私もこの作品を見て、学生時代は学校こそが世界のすべてだと思い、色々と思い悩んだなぁ、なんて懐かしいことを思い返した1人である。

毎日、家と学校の往復である学生にとってみれば、学校と家こそが世界のすべてなのである。そんな高校生の彼女たちに対して投げかけられる、広い世界を知っている大人であり、担任である初来 霞の言葉がとても素敵なのだ。様々なことに思い悩み、そして成長していく、そんな姿に思わず青春を感じずにはいられないだろう。

出演者への独占インタビュー

横大路伸さん(以下、敬称略)

ーー本企画への想い

横大路「越えなくてもいい。平たくして隔たりを無くそうという思いからFLATTOと名乗り初めました。」

ーー本作品が出来上がるまでの背景

横大路「Twitterの投稿で黒澤美澪奈の存在を知ったとき、何度も推敲して選んだであろう言葉が真面目そうに並んでいる文章を見てとても気になった。そして彼女を支持しているみなさんが、どうして彼女を応援したくなるのか。その理由を純粋に知りたいと思った。思えばそこが始まりでした。」

ーーいちばんの見どころは?

横大路「台詞を発してない時に、現場に充満する空気を皆さんで共有できるところ。気付いたら登場人物一緒に奥歯をかみしめていたり、物語に参加してそれを楽しんでいただけたら幸いです。」

ーー最後に一言

横大路「こうしてお披露目できることは決して当たり前ではありません。昨今の情勢によりそのことを強く感じると同時に、皆様の声援と熱気により企画の開催への後押しして頂いているということを再認識する日々です。どうか目一杯楽しんでいただけますように。」

黒澤美澪奈さん(以下、敬称略)

ーーご自身の役を演じてみて

黒澤「今回演じる咲良は、基本的に私にそっくりなんですwいつもハイテンションで顔がうるさいところとか…演じてて楽しいし、何しろとても演じやすいです。いつも、私の好きなようにやりたい放題演じさせていただいてます。
そして、咲良の好きなものに対して、決して折れずにひたすら真っ直ぐ突き進むところは、とても尊敬します。こういうところは咲良を見習いたいです!」

ーーいちばんの見どころは?

黒澤「全部!!!!…と言いたいところですがw
一つあげるとすれば、咲良の冒頭の台詞でしょうか。あれに、全てが詰まってるし、あの台詞に私の全ての思いと命をかけてます。
そこから、皆さんを「春はのけもの」の世界に、一気に引き込めたらいいなと思っています!
是非、本編をチェックしていただけたら嬉しいです!」

ーー最後に一言

黒澤「私達の思いを詰め込んだ青春時代を、目に焼き付けて…そして、今回のお芝居が貴方の青春時代を思い出すきっかけになれば良いなと思っています!…貴方の青春時代とはなんですか?」

田中日奈子さん(以下、敬称略)

ーーご自身の役を演じてみて

田中「今回の役柄は、全然笑えなくて凄く辛かった…笑
ですが、今回のひばりちゃんの様に想いを表に出さない役を今までやった事がなかったので、とても新鮮でした。自分自身も成長出来たのでは?と思います。」

ーーいちばんの見どころは?

田中「見どころというか…。前半の青春感・後半の思春期感、空気がガラッと変わりますので、ドキドキしながら観て頂けたらと思います!」

ーー最後に一言

田中「このようなご時世ではありますが、皆様の記憶に、心に、『春はのけもの』の世界観が刻まれると思うと、とっっっても幸せです!転校生のひばりと同じ視点で観るか、咲良やのどかの同級生として居るか、はたまた霞ちゃんのように大人な感じ方をするか。私達と一緒に、沢山青春の風を感じて頂けたらと思います。」

清水ららさん(以下、敬称略)

ーーご自身の役を演じてみて

清水「のどかは私が共感できる部分がたくさんあり、役を演じているうちにこのキャラクターに愛着を抱くようになりました!登場人物の中でも、この子は感情の振れ幅が大きいので、一つ一つ気持ちの整理をしながら演じました。」

ーーいちばんの見どころは?

清水「一人一人の仕草や表情に注目してほしいなと思っています。会場で直接観劇される方は、席によって登場人物達の印象が変わると思います。一方で!配信で観劇をされる方はお芝居の全体が見ることができ、また、公開期間中は何回も視聴ができるため、是非一人一人の演技をお楽しみください!」

ーー最後に一言

清水「皆様、共演者、そしてこの演劇に関わった全ての方に出会えたこの素晴らしいご縁に感謝致します。どうぞ、ご覧ください。」

松村遼さん(以下、敬称略)

ーーご自身の役を演じてみて

松村「自分が高校生の時先生ってなんか凄く年齢が上なイメージだったのですが若い先生もいたなぁと思って、今回先生役をやらせてもらいますが、作品の中で生徒役の子たちにしっかりと先生として言葉を伝えられるよう演じられたら良いなと思います。」

ーーいちばんの見どころは?

松村「やはり女の子3人のシーンですね。エネルギッシュで荒削りな高校生を演じている姿には胸を打たれると思います。」

ーー最後に一言

松村「こんなお芝居見たことない!楽しかったと。思っていただけると嬉しいです。」

まとめ

繰り返しになるが、本公演は、BAR TRIANGLE 渋谷にて、5月12日(水)~5月21日(金)までの全10公演が予定されている。臨場感たっぷりの来場チケットと、自宅で手軽に観賞できるオンライン配信の2パターンでチケットが販売されているので、興味のある方はぜひ見てみてはいかがだろうか。

また、“♭FLATTO”は、今後コロナ渦でも気軽にふらっと演劇が楽しめるプロジェクトとして、様々な場所で演劇を行い、拡大していく予定だそうなので、これからの活躍も要注目である。

【公演概要】

公演名:♭FLATTO「春はのけもの」
脚本・演出:横大路伸
出演:黒澤美澪奈、田中日奈子、清水らら、松村遼、横大路伸
公演期間:2021年5月12日(水)~21日(金) <全10公演>
会場:BAR TRIANGLE 渋谷

【来場チケット購入サイト】

https://t.livepocket.jp/e/flatto_harunoke

【配信版チケット購入サイト】

https://confetti-web.com/flatto

♭FLATTO公式Twitter:https://twitter.com/FLATTO2021PJT 

♭FLATTO公式Instagram: https://instagram.com/flatto2021

The following two tabs change content below.

Twitterでも最新記事をチェック!