シャオミTwitter画像
※画像はシャオミ公式Twitterから引用
https://twitter.com/XiaomiJapan

シャオミは2010年4月に設立し、主に中国市場や新興国において、安価で使いやすいスマートフォンやスマートハードウェアなどの製品を展開している企業です。

設立からわずか9年で、スマートフォン市場で世界第4位にのぼりつめ、世界80以上の国と地域に製品を販売しています。

そんなシャオミが、満を持して日本に上陸しました。

1億800万画素、という最新型iPhoneの10倍以上画素数を誇るカメラなど多数の機能を搭載したスマートフォンを、12月16日(月)より、Amazonのシャオミストアで販売開始しています。

1億800万画素のメインカメラを中心に5眼カメラを備える「Mi Note 10」

シャオミが今回日本で販売開始したのは、デジカメを凌駕するカメラを搭載したスマートフォン「Mi Note 10」。

1億800万画素、と言われてもピンとこないかもしれません。1億800万画素は、近年テレビなどでも画質の美しさがうたわれている4Kの解像度の12倍、という数値を聞くとそのすごさが実感できるのではないでしょうか。

例えば、遠景の風景写真を撮影する際、画素の低いカメラでは、細部がぼやけてしまいますが、1億800万画素で撮影した風景写真は細部までくっきりと風景が再現され、美しい写真となります。

そのメインカメラの実力だけでも十分すごいのですが、「Mi Note 10」にはさらに、光学手ぶれ補正を搭載した高精度な10倍ハイブリッドズームの望遠カメラや、暗い場所でも被写体を美しく撮影できるポートレートカメラ、接写に強く細部まで精緻にとらえることができるマクロカメラなど、5つのカメラが備わっています。

シャオミWEBキャプチャ1
※画像はシャオミ公式サイトから引用
https://www.mi.com/jp/mi-note-10/

最新版iPhoneのほぼ半額で購入可能

現在販売されているiPhoneの最新機種「iPhone11 Pro」は公式サイトでの実売価格が10万6,800円から、となっていますが、シャオミの「Mi Note 10」はAmazonの公式ストアで5万8,080円となっています。

これだけのスペックを備えた端末が、iPhoneのおよそ半額で購入できるのは、さすが安価なデバイスを数多く手掛けるシャオミです。

「Mi Note 10」は、もちろんGoogle Playにも対応しており、日本国内での使用ももちろん問題ありません。

スマホの買い替えを検討している方は、是非シャオミの「Mi Note 10」も検討してみてくださいね。

Xiaomi Mi Note 10 ミッドナイトブラック

価格:58,080円(2019年12月18日現在)

・ディスプレイ:6.47インチ 2340 x 1080 FHD + 398 PPI 3D曲面有機ELディスプレイ
・バッテリー容量:5260 mAh
・メモリ、ストレージ:RAM 6GB / ROM 128GB
・CPU:Qualcomm Snapdragon 730G
・カメラ:世界初の1億800万画素ペンタプリズム式カメラ
・SIMスロット:デュアル NanoSIM スロット
・付属品:電源アダプター / シンプルな保護カバー / USB Type-C ケーブル / SIM 取り出しツール / ユーザーガイド / 保証書
・OS:MIUI 11
・保証:購入日から起算して本体・バッテリー1年、充電器6カ月、イヤホン3カ  月。日本国内正規代理店での購入品のみ保証。

Amazonの公式ストアページを見る

※本文中、カメラの性能に関して当初「1億8,000万画素」と記載しておりましたが、正しくは「1億800万画素」でございました。読者の皆様には誤解を招いてしまったことをお詫び申し上げます。

The following two tabs change content below.
StartHome編集部

StartHome編集部

快適な"Webサイト"の入り口を届けるメディア「StartHome」編集部です。日常がほんの少し変わるかもしれない"新たな発見"をお届けしていきます。