もうすぐクリスマス。イルミネーションを見に行ったり、ちょっと特別なディナーを楽しんだり、素敵な思い出に残る一日を過ごす人も多いはず。
でも、思いもよらない珍事件に見舞われて、せっかくのクリスマスが台無しになってしまった…なんてことも案外起こりがち。
今回は、先日募集した「クリスマスに関するちょっと笑えるエピソード」の中から、「できることなら忘れたい」クリスマスのエピソードを3つ紹介します。

サンタが来ない家

christmasepisode1

昔、デパートでクリスマスのサービスのひとつに、サンタさんが自宅までプレゼントを届けに来てくれるというものがありました。
当時集合住宅に住んでいた私は、クリスマスの朝に家の前で遊んでいて、たまたまとなりのお家にサンタさんがプレゼントを届けに来たところを目撃。
そのサンタさんが、我が家には来ずに帰ってしまったのを見てしまい、「どうして〇〇ちゃんの家にはサンタさんが来たのに、うちには来ないの?なんで?」と親に質問しました。
お隣のおうちがデパートのサービスを使ったことを察した親は、私をなだめるのに苦労したそうです…
サンタさんの存在について先に子どもに話しておくべきか、今から悩んでしまいます。
(神奈川・30代 女性)

イルミネーションを見に行ったのに…

christmasepisode2

数年前のクリスマス間近な日の話です。
激務な仕事で頻繁には会えないけど、僅かな時間でも連絡をくれる彼から珍しく「定時で仕事が終わるからイルミネーションを見に行こう」と誘われました。
博多駅、警固公園と福岡の夜の風景を楽しみつつ、最後に福岡タワーに向かいました。
車から下車し、タワー正面で一緒に写真を撮ろうとスマートフォンを構えたその瞬間。
まさかのライトダウン。
タワーの消灯時間でした。
撮った写真はバックも自分達の顔も真っ黒で、何を撮ったのかよくわからず…(笑)
毎回何かしらトラブルが起きますが、クリスマスが来るたびに思い出すエピソードです。
(福岡・20代 女性)

衝撃の事実

christmasepisode3

ある年のクリスマス。付き合いたての彼とクリスマスデートの約束をした私は、前夜から何を着ていこうか悩んで寝れず、デート当日も時間ギリギリでなんとか待ち合わせ場所へ。
横浜のクリスマスマーケットを見に行ったり、美味しいご飯を食べたりして楽しいひと時を過ごしました。
二人でディナーを食べながら「今日は本当に楽しかったな!また行こうね!」と話しているときにふと、何か違和感を感じて背中を触ってみたところ…
なんとブラをしていなかったことに気が付いてしまいました。
ブラを付け忘れるなんてそうそうないけど、それ以上に1日ノーブラで過ごしても気が付かない程度の私の胸って…
ディナーの後に、彼ともしもの事があった時にバレるのは恥ずかしすぎるので、ご飯を食べてから逃げるように家に帰りました。
あれ以来、いつも家を出る前にブラを忘れていないか確認する癖がついてしまいました。
(東京・30代 女性)

※今回エピソードを採用させていただいた3名の方には、Amazonギフト券をプレゼントいたします。
※企業と個人をつなぐマッチングサイト「MatchNow」では、この他にもいろいろな募集を紹介しています。是非覗いてみてくださいね。
→MatchNowはこちら

The following two tabs change content below.