2016年、GWも残りあとわずか。5月3日からまた3連休となるが、前半は思い切り遊んで後半の休みは「ゆっくり過ごしたい」「日頃の疲れを癒したい」という人もいるのでは? そこでオススメなのが極上の癒しを提供するペットカフェ。空前の猫カフェブームの中、意外な動物たちとも触れ合えるカフェもあるんです! そこで、GWに行きたい少し変わった珍しいペットカフェを紹介します!

◆空の王者たちが優しくお出迎えする猛禽類カフェ『鷹匠茶屋』

ふくろう

東京都三鷹にある「鷹匠茶屋」では、哺乳類などを捕獲する“狩人”として知られるワシやタカといった猛禽類がお出迎え。鷹匠の指導を受けているので突然暴れたりすることもなく、優しく迎えてくれるのだとか。また、自身がペットとして飼ってる猛禽を連れいていくことも可能。猛禽類関係のグッズをはじめ、生態販売(完全予約制)があったりとユニーク。

『鷹匠茶屋』
■住所:東京都三鷹市下連雀1丁目11-8
■営業時間 : 午後12〜午後7時(オーダーストップは午後6時30分)
■定休日 : 月曜日・火曜日(祝日の場合は営業)
■URL:http://falconerscafe.web.fc2.com/

◆ヒト以外の乳類お断り!〜爬虫類カフェ〜『横浜亜熱帯茶館』

Oriental garden lizard (Calotes versicolor) in profile.

蛇やトカゲなどをペットとして飼っている人たちの間で話題となっているのが神奈川県にある爬虫類カフェ「横浜亜熱帯茶館」。席料なし、チャージなし、時間課金もなしという非常に良心的なシステムを採用。しかし、気になるルールが2つ。1つは「ヒト以外のほ乳類は立ち入り禁止」。2つ目は「同伴した爬虫類が逃亡した場合、ペットカフェの“スタッフ”になってしまう」という恐ろしい規約が存在するので要注意!

『横浜亜熱帯茶館』
■住所:神奈川県横浜市中区長者町8丁目133 冨森商事 2F
■営業時間 : 午前11〜午後9時(ラストオーダーは午後8時)
■定休日 : 火曜日・水曜日
■URL:http://www.reptilescafe.net/

◆引き取りOK!愛に溢れた『保護権カフェ』

Brown German Shepherd Dog Close Up Portrait

保健所やブリーダー、ペットショップにいた犬や猫をお店が保護したという経緯から名づけられた「保護犬カフェ」(猫も在籍)。保護犬、保護猫と聞くと雑種を思い浮かべてしまいがちだが、店内では愛らしいダックスやチワワ、アメリカンショートヘアやスコティッシュフォールドなどたくさんの種類の子たちが。気に入った子を引き取とることも可能なので、家族として迎え入れてあげてみては?

『保護権カフェ』
■住所:大阪府大阪市北区天神橋3-10-30 コープ野村扇町1F
■営業時間 : 午前11〜午後8時
■定休日:火曜日
■URL:http://www.hogokencafe.com/

その他にも、お目当てのワンちゃんを指名できるキャバクラのようなシステムのセラピードッグカフェや、ウサギと一緒にフワフワタイムを満喫できるお店、水槽の中の金魚を目で愛でるお店も続々と登場しています。せっかくのGW、日頃の疲れをペットカフェで癒してみては?

最旬!話題の記事はこちら

  •  
    【GW混雑予想】ツイート数から見た”行っちゃいけない”スポット
    【GW混雑予想】ツイート数から見た”行っちゃいけない”スポット

     

  •  
    【GW要注意!】ドライバーが危険を感じる“事故多発地帯”は!?
    【GW要注意!】ドライバーが危険を感じる“事故多発地帯”は!?

     

  •  
    “ぼっち”でもGWを楽しみたいなら「食フェス」へ! 
    “ぼっち”でもGWを楽しみたいなら「食フェス」へ!

     

  •  
    ゴールデンウィークにフラッと行ける! 意外と遊べる「道の駅」
    ゴールデンウィークにフラッと行ける! 意外と遊べる「道の駅」

     

この記事に関するキーワード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ