WPS170731

ワープロソフトで論文や会報誌を作成する場合に、グラフを挿入する場合があると思います。表計算ソフトでグラフを作成後、画像保存しワープロソフトに挿入することもできますが、再編集できない事が難点ですね。
今回はWPS Writerで再編集できるグラフの挿入方法をご紹介します。


グラフの挿入

グラフを挿入したい箇所にカーソルを合わせ、【挿入タブ】の【グラフ】ボタンをクリックします。

ワープロ

グラフの挿入ウィンドウが起動するので、まずは挿入するグラフの種類を決めます。(グラフの種類はあとから変更もできます)今回は、折れ線グラフを選択しました。

グラフ

種類を選択すると、サンプル数値が入った折れ線グラフが文書内に挿入されます。

論文

次のステップで、このグラフの数値を変更し、正しいグラフにします。

グラフの数値・項目の入力

グラフが選択されている状態で、【グラフツール】タブのデータ編集をクリックします。
すると、別ウィンドウで「WPS Writer内のグラフ」というタイトルのWPS Spreadsheetsが起動します。

表計算

起動したWPS Spreadsheets内には、サンプル数値、項目が既に入力されています。このデータをグラフにしたい数値・項目へと修正します。

表

入力が終わったら、右上のバツボタンでWPS Spreadsheetsを閉じます。
WPS Writer内の折れ線グラフを確認すると、先ほど入力した数値がグラフに反映されています。

グラフ挿入

しかし、グラフの行・列のデータが正しく設定されていないので、次のステップでグラフを編集していきます。

グラフの編集

先ほどと同様にグラフが選択されている状態で、【グラフツール】タブの「データ選択」をクリックすると、再びWPS Spreadsheetsが起動し、同時にデータソースの選択ウィンドウが自動で開きます。

グラフ編集

「系列の作成と方向」の項目を「一連データの各行」に変更し「OK」をクリック後、WPS Spreadsheetsを右上のバツボタンで閉じます。
WPS Writer内のグラフを確認すると正しいグラフへと修正ができました。

会報誌

「グラフタイトル」の変更や色変更、スタイル変更もWPS Spreadsheets内で変更ができます。グラフの種類変更は、グラフを選択後に、【グラフツール】タブから「グラフの種類の変更」より再選択することができます。

種類


いかがでしたでしょうか?この手法で挿入すると、数値の修正はもちろん、色設定・文字種類なども全体のバランスを見ながら決めることができるメリットがあります。文書作成でもグラフを挿入する機会は多いかと思いますので、是非お試しください。

この記事に関するキーワード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ