出会い系アプリの進化

「出会い系なんか絶対やらん!」と思っていたのは昔の話。この歳(30代独身男)になると「別に出会い系でも出会えればいいや」という気分になってくる。
筆者が若いころに話題になっていたのは出会い系サイト。かつては援助交際の温床などと言われた時代があったが、今や出会い系コンテンツはウェブからアプリに変わり、スマホの出会い系アプリがこの手のサービスの主流に変化してきた。
app_starthome001

出会い系アプリに登録してみる

「出会い系アプリなんて、サクラの女ばかりだろう。下手すれば女のふりした男がやっているのでは?」と思いつつ、怖いもの見たさもあり、この歳になって初めて出会い系アプリをインストールしてみた。登録するだけならタダだし。
予想通り、インストール直後からメッセージが届く届く。しかも送信主のプロフィール写真は可愛い女の子ばかり。筆者は初期登録時に必要な年齢と性別と住んでる都道府県しか登録しておらず、いつ医者や弁護士になったのか、プロフィールすらも書いてないのに女の子からメッセージが届くという異様な状況である。最初のメッセージ交換こそ初期登録のおかげで無料なのものの、女の子にメッセージ返すだけで課金される仕組みだ。複数の同種アプリで試してみたが、起こることは同じことばかり。怪しさを感じて、そそくさとこの手のアプリを全てアンインストールするに至ってしまった。
app_starthome002

スマホで婚活?

一方で、ここ最近は昔で言うところの結婚相談所のような、出会いに対してマジメなサービスもスマホで展開されている。そういえば古い女友達がアプリで知り合った男と付き合い始めたと言っていたなと思い、マジメに出逢える「マッチングサービス」について少し調べてみた。主だったものは以下の通り。

line-play
「LINE PLAY」
ご存知、「LINE」が運営するマッチングアプリ。アバターを使ったコミュニケーションアプリで、アバターの装飾や部屋の拡張などで課金される仕組み。ゲーム上の出会いなので安心感は大きく、直感的に遊べる感じ。筆者の感覚だとあくまで仮想世界の関係というところでリアルの関係にどう繋げられるかは大きな課題だろう。

tapple
「タップル誕生」
「サイバーエージェント」傘下のアプリ。「趣味を通じてつながる」というキャッチフレーズで会員拡大中。男性は月会費が3,400円で他に課金あり、女性は無料。典型的な結婚相談所をアプリ化したという感じ。

pairs
「Pairsペアーズ」
筆者の女友達がここで彼氏ができたと言っていたアプリがこれ。男女共に月額会費4,100円。男女ともお金を払っているので、安心度は増す気がする。友人の実績もあり、出会いの質は悪くなさそうな印象を抱く。

omiai
「omiai」
最近良く見かけるようになったアプリ。月額会費は4,800円、それ以外にも課金あり。 こちらも男女ともお金を払う仕組みなので安心度は高そう。値段がほかに比べて高いだけに、それなりに真面目に出会いを求めているユーザーが多いとの口コミも見られる。

マッチングアプリのあとに見つけた自然な交流

ここまで出会い系アプリ、マッチングサービスといろいろ調べたものの、真剣な出会いを前提に、機械的に出会うより、やっぱり「自然な交流から云々」という方が良いよなと思い始めた。そこで行きついたのが生配信アプリという海外で人気が出ているジャンルのアプリ。自分が求めるようなダイレクトな出会いではないけど、本当に普通の女の子達が、リアルな日常を配信していたりして、それはそれで面白い。
筆者が開いたアプリはLive.me(ライブミー)というライブ配信アプリで、ダウンロード、視聴するのは無料。世界展開しているので世界53カ国の配信も見られる。自分がアプリをインストールしたとき、たまたま「朗読チャンネル」という配信をやっていて、女性声優が名作を朗読するという配信をやっていた。この年齢になると、女の子に本を読んでもらうなんてことはまずないわけで、個人的にはなかなか絶妙な層を突いていると思った。

このちょっとマニアックな朗読チャンネルをきっかけに、アプリを覗いてみると、学生からOL、主婦層までの女性が幅広く配信していたりするのがわかる。その層の配信を観ているであろう男性の配信者も多い。それぞれの配信ではメッセージを送れる簡単なチャット機能も付いていて、配信者、視聴者とその場で会話できるようになっている。また、面白い配信には視聴者がプレゼントを贈れるシステムがある(プレゼント購入には課金が必要)。配信を観る限りは過激なものや暴力的なものは少なく配信者の質は総じて良いようだ。

自然な出会いという意味では、この手のアプリはちょうど良いのかもしれない。とはいえ、リアル関係(アプリ外)にどう持ち込むのかは大きな問題で、30代独身男の迷走はとうぶん続きそうだ。

興味ある人はこちら↓
【ライブ動画配信アプリ「Live.me」(ライブミー)】
□製品名:Live.me(ライブミー)
□販売価格:無料(アプリ内課金有)
□ストアページ 

Google Play で手に入れよう
App_Store

この記事に関するキーワード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ