0201気が効く女はバレンタインに義理チョコなんか渡さないわ

ボンジュー皆さん。

男も女もぶった斬る おネェコラムニストミランダよ!
今年もやってくるわね。クリスマス同様に日本で謎の進化を遂げたイベントの真骨頂。そう、バレンタインデーよ!
まあ、今時本気でバレンタインデーにチョコレートを渡して告白するのなんて、漫画に登場する2次元の女子高生くらいでしょうけど、問題なのは、誰もがその必要性を疑問視していながら、未だにはびこる「義理チョコ文化」の方よ(本気でチョコレートで告白したい方はこんなもの読んでないでレシピ本でも買いなさい)。
0202_2

男にとったら、安物のチョコレートなんて受け取ってしまったばっかりに、ディスられるだけのお返しを強いられるホワイトデーへの布石でしかないし、女からすれば、どこのチョコレートを買えばそれほど損せずに取り敢えず役目だけは果たせるか考えなきゃならない面倒この上無いイベントよね。だけど、そんなことをクダクダ言いながら大して美味しくもないチョコかなんかを適当に買うのは愚か者よ! どんなくだらない事もチャンスに変えるのがデキるオンナ。

付箋を有効活用すべし

いいこと? バレンタインデーはあなたが「結構気が利く〇〇さん」という認識を男達に広める絶好のチャンスなのよ! 義理チョコなんか買うくらいならまずは付箋を買いなさい。

ハッキリ言って、ゴ●ィバだのピ●ール・マ●コリーニだのを買ったって「気の利くオンナ」にはなれないわ。クーデターでも起こったみたいに女でごった返したデパ地下でそんなもの買うなんて時間とお金の無駄。悪いけど大半の男はチョコレートのブランドなんか知らないの。そんなものを知ってる男は、あたしみたいなゲイか、女をあしらうのが上手い本物の遊び人か、付き合ったら絞め殺したくなるようなウンチク男ね。だからね、今年はまず付箋をお買いなさいよ。

あなた、今「はぁ?」って思ったでしょ。まあいいわ。これから教えてあげるから。

男がほしいのは、チョコレートよりも「愛情のカケラ」

最初にも書いたけど、大前提としてバレンタインデーが楽しみな男なんて居ないわ。でもね、男ってのは面倒な生き物。貰えなきゃ貰えないで寂しくなっちゃうお子ちゃまなのよ。分かる? 男たちがわざわざ高いお金を払って、マズイ酒しか出てこないキャバクラに行きたがるのは、たとえそれが擬似的なものであっても、「女の子に必要とされてる」と感じたいから。
男たちがほしいのはチョコレートじゃないの。この事実を分かってない女子が多すぎるわ。男がほしいのは、「気にかけてもらっている」という喜び。つまり「愛情のカケラ」なのよ。それを理解せずして気の利くオンナにはなれないわ。

バレンタインは義理チョコよりも「愛情一本チオビタドリンク」

大量生産された安物のチョコレートをなんかより、栄養ドリンクのほうが100倍いいのよ。
しかもね、あなたが渡すのはただの栄養ドリンクじゃないの。
「○○さん いつもお疲れ様です★」0202_3

その一言を添えた付箋を貼り付けて渡すのよ。
分かるかしら。このほんの少しの気持ち、というのがどれだけ大きな効果を生むか。これはマーケティングの手法の一つでもあるのよ。無記名で送られてくるメールマガジンよりも「○○様へ」と書かれたメールマガジンの方が開封率が格段に高くなるの。名前はその人のアイデンティティ。ただ手書きで名前を添えるだけで、一本200円程度の栄養ドリンクが、男たちの求める「愛情のカケラ」に変わるのよ。

※間違っても、気のない男にハート型の付箋なんて貼ったり、メッセージにハートをつけたりしないで頂戴ね! あらぬ勘違いを生むわ!

もっと気が利く女はブルーベリーエキスの入ったサプリメント

そして、栄養ドリンクなら会社で飲んでしまえるから、口うるさい妻のいる男性にとっては、飲み屋のお姉ちゃんにもらったんじゃないか、なんて疑われることもなくって歓迎されるわよ。
さらに、目を酷使していそうなエンジニアの彼にはブルーベリーエキスの入ったサプリメントをチョイスしたり、職種にあわせてネタを変えられたらもうあなたの「気が利く女認知度」はぶっちぎりね!

プライベートでもチョコは不要。必要なのは「サプライズ」よ
Vo.2へ続く
http://blog.home.kingsoft.jp/valentine/20160202_15434.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ