world-cup-2018
画像提供:pixabay

サッカーワールドカップロシア杯、2018年6月24日(日)24:00は、日本第二戦となるセネガル戦がやってくる。
世界ランキング位、アフリカ強豪国のセネガルに西野ジャパンはどう立ち向かうのか。
今回のセネガル戦において必須となるであろう、
西野監督も警戒するサディオ・マネへの対策と、セネガル戦について予想をしてみた。

サディオ・マネの強みとは?

⚽️🙏What a win🙏

Sadio Maneさん(@sadiomaneofficiel)がシェアした投稿 –

サディオ・マネは「黒いダイヤモンド」という異名を持つ、セネガル期待のエースである。
現在、ヨーロッパの名門リバプールでプレーするマネ。
2017年には、シーズン13ゴールを叩き出し、年間クラブ最優秀選手にも選出され、さらに、プレミアリーグベスト11にも選ばれた。
なぜ、彼はここまで活躍することが出来たのだろうか。
その大きな要因としては、驚異的なスピードが挙げられるだろう。
そのスピードに加えて、フィジカル、テクニック、独特なリズムを活かしたドリブルがマネの最大の強みである。
そのため、マネに少しでもスペースを与えてしまうと、緩急だけで1,2人簡単に抜かれてしまう。
さらに、マークを外す動きも非常にうまい。
スピードを活かした動きで簡単にマークから外れてしまう。
ボールを持っていないときでも、マネからは目をはなしてはいけない。

サディオ マネの弱点を抑えろ

☝️what a night ☝️💪🏻
Sadio Maneさん(@sadiomaneofficiel)がシェアした投稿 –

では、マネの弱点とは何か。
マネの弱点は、トラップである。
足元にボールを止める技術に関しては、少し欠ける。
マネがトラップミスをするシーンは多く見られるため、ボールが流れたところを奪いに行くのがポイントになる。
ただ、そこで安易に飛び込むとマネの一瞬のスピードで抜かれてしまうことがある。
そのため、1人がマネにプレッシャーをかけに行く際は必ずカバーに入る選手が必要になる。
ここで大事なのはカバーに入る選手である。
おそらく、今の日本代表には1人でマネを止めることのできる選手はいない。
そのため、カバーに入る選手の瞬発力、ボール奪取力が求められる。
正直、日本代表がマネを止める方法はこれ以外にないと思われる。

セネガル戦スタメン、結果予想

starthome_worldcup2018_member
【予想スタメン】
フォーメーション:4-2-3-1
FW:大迫
MF:乾、香川、武藤、柴崎、長谷部
DF:長友、吉田、昌子、酒井宏樹
GK:中村

前3枚は左から乾、大迫、武藤
トップ下に香川
ダブルボランチは左から柴崎、長谷部
ディフェンスラインは左から長友、吉田、昌子、酒井宏樹
キーパーは中村

【結果予想】
日本0:2セネガル

吉田はサウサンプトンでチームメイトであったマネの弱点をよく知っているはずだ。
そこをチームでうまく共有して、無失点で試合を終えて欲しいが今回は厳しいだろう。
セネガルにはマネだけでなく、ケイタなど、他にもスピード、テクニックを兼ね備えた強力なアタッカーがいるため、かなり運動量が求められる試合になるだろう。
セネガルとの対戦成績は0勝1分け2敗と1度も勝利がない。
今回は負けの予想をしたが、コロンビア戦のように粘り強い守備からの攻撃で得点を奪い、ぜひ勝利してほしい。


■ライター:Kuro
平成生まれの九州男児。三度の飯よりサッカー好き。
元フットサル福岡代表(中学生時)。
予想は予想。当たらないときもある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加