少し色の褪せた白い本体に、あの赤いスイッチ。連打しすぎて反応が鈍くなったコントローラーのAボタン。その全てが画期的で、魅了された人も多いであろう『ファミコン』。学校の帰り道、買ったばかりのソフトの事を考えながら家までダッシュ、家の方針でファミコン禁止だったが、友人の家に通ってやっていた、なんていう人もいるだろう。

famikon11

over35世代の酒の肴に! ファミコンあるあるネタ5選

1:母親が掃除機をぶつけてバグる

特にRPGにおいて、セーブしないでレベル上げをしていた最中に発生すると、若くして早くも人生を返して欲しい衝動に苛まれる事故。これをきっかけに人生で初めて母親に「ババァ!」と叫んでしまった放蕩息子も多いはず。

2:RPGのヒロインの名前がクラスの好きな子

今では主人公の名前は設定済みなゲームが多いのだが、当時は自分で設定できるものがほとんど。当然、ヒロインに名前をつけなければならないが、真っ先に思い浮かぶのは好きな子かカワイイ子だ。母親に「マリコって誰?」とか突っ込まれたり恥ずかしい思いをしながらも、彼女がモンスターからダメージを受けたという怒りをパワーに変換し一気に全クリしたもの。

3:持ち主の友達がやっているのをただひたすらに見ている

ファミコンは同時にプレイすることができないため、必然的に家主が優勢となる。最悪のケースでは、家主がRPGをクリアしていくのをずっと横で見ていることも。

4:カセットや本体の差し込み口をフーフーする

ファミコンは接続が悪いことが多かく、カセットをはめてスイッチを入れてもBGMは正しく流れるがタイトル文字が崩れているということも。そんな時、有効なのが息でホコリを飛ばす「フーフー」。ちなみに筆者はファミコン電源の接続が悪い時、コンセントに繋がったACアダプターの一方を口で舐めて感電死しそうになったことがあった。

5:ファミコンやってるやつの方が成績良い

今思い返すと、ファミコンをやりまくっていた人の方が成績が良い傾向にあった。東大に入った友人も、RPGをレベル99にするまでやり込むのが常だった。近年では「脳トレ」や「推理ゲーム」などで自分で考える作業が脳に良かったり、何かに集中して打ち込んでクリアする(=成功する)経験が糧になっているのではないかと考えられます。

ノスタルジーに浸れる!スマホでできるファミコン名作ゲーム5選

famikon22

さて、ここまでファミコンあるあるを紹介してきたが、改めてゲームをやりたいと思った人もいるのでは? 「本体も家にないし…」という人に朗報。ファミコンの往年の名作がスマホでできるというので見てみよう。

1:ドラゴンクエストシリーズ
RPGの名作が堂々の復刻。Ⅰ〜IIIまでは「DQポータル」というアプリ内で購入することができ、IV以降も続々リリースされており、単体アプリとしてインストールできる。

2:ファイナルファンタジーシリーズ
ドラクエ派?FF派?で人気を二分したファイナルファンタジーシリーズもアプリ版がリリースされている。アプリオリジナルストーリーや、スピンアウト版アプリも多い。

3:ゼビウス・ギャラガ・ドルアーガの塔etc
ナムコ系のソフトが10本も入っているアプリが「NAMCO ARCADE」。1日1回なら無料で遊ぶこともできる。

4:信長の野望
あの頃は漢字も多くて、難しく堅いイメージだった信長の野望も、大人になり実際の野望を進められるようになったかもしれない。同じように三国志2もスマホアプリがあるんだとか。

是非、あなたの「ファミコンあるある」や「ファミコン名作タイトル」をtwitterにて聞かせ欲しい。その際、「#ヤソカル#ファミコンあるある」でつぶやくのもお忘れなく。

この記事に関するキーワード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ