暑い時期に欠かせない、夏の定番メニューといえば「そうめん」。ひんやり冷たく、のど越しも良いのでつい食べ過ぎてしまうという人も多いのでは? そんな夏の風物詩といえるであろう「そうめん」だが、実はカロリーが高く、食べ方を間違えると太ってしまうという。

そうめん

夏太りの原因!? なぜ「そうめん」は太るのか?

小麦と塩で作られるそうめんは高糖質・高カロリー、炭水化物の塊だ。一汁三菜といったバランスの良い食事とは違い、炭水化物だけで腹を満たすため栄養が偏ってしまう。また、単品では物足りないと天ぷらなどつけようものなら言語道断。ただでさえ高カロリーなのに、余計なものを加えることによりカロリーオーバーとなってしまう。おかずが欲しいときは組み合わせに中が必要だ。

この記事に関するキーワード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ