2022年6月24日 18:17

「ストリートファイター6」新要素・ドライブシステムを紹介!

新情報がついに公開されたストリートファイター6からドライブシステムについてまとめています。ドライブシステムの解説から対戦動画で判明した情報まで掘り下げて解説しています。

ストリートファイター6

2月に発表された「ストリートファイター6」ですが、6月頭に公式サイトが更新され新システムなども公開されました。

今回は新システム「ドライブシステム」にスポットを当てて、現在わかる情報や今月行われた「Summer Game Fest」の実機プレイで判明した情報をまとめていきます。

新システム「ドライブシステム」

体力ゲージ下にあるブロック状になっているゲージがドライブゲージで、これを消費して行う行動の総称が「ドライブシステム」です。

ドライブシステムで行える行動は「ドライブインパクト」「ドライブパリィ」「オーバードライブ」「ドライブラッシュ」「ドライブリバーサル」の5つとなります。

ドライブインパクト

ドライブゲージを1消費して、で始めにスーパーアーマーのある攻撃を行うことができます。

相手の攻撃をスーパーアーマーで受け止めればそのままカウンターも狙えるため、安易な攻めの抑止となりそうです。

また画面端ではガードされても壁やられを誘発できるため、強力な攻めの択としても機能しそうです。


「ストリートファイター4」にあったセービングアタックに近いシステムと言えます。

ドライブパリィ

構え中ドライブゲージを継続的に消費して、相手の攻撃を自動でガードしてくれる防御手段で成立時にはドライブゲージが回復します。

またタイミングよく受け止めることで「ジャストパリィ」が成立し反撃しやすくなります。

成立時はとにかくリターンが得られるため、単調な攻撃をしないように立ち回る必要がありそうです。


「ストリートファイター3」にあったブロッキングを発展させたようなシステムとなっています。

オーバードライブ

ドライブゲージを2つ消費して、必殺技を強化するシステムです。

今までのシリーズにあったEX必殺技がこちらに移動してきた形となります。

攻防一体のシステムであるドライブシステムに移動されたため、今までよりも使用するタイミングが難しくなったと言えます。

ドライブラッシュ

ドライブゲージを1つ消費して、ドライプパリィの構えか一部の通常技をキャンセルして速いダッシュを繰り出す技です。

パリィからの反撃や通常技からのコンボ用途が基本となりそうですが、中距離からパリィ→ドライブラッシュで奇襲のように使ってみるのも良さそうです。

ドライブリバーサル

ドライブゲージを2つ消費して、ガード中に反撃をするシシステムです。

相手の攻めを無理矢理中断させることができるので重宝することになりそうです。


「ストリートファイター5」にあったVリバーサルに近いシステムとなっています。

動画からドライブシステムをさらに確認

6月中旬ごろに海外で行われたゲームイベント「summer game fest」にストリートファイター6も出展しており、そこで体験したユーザーから色々な動画公開されるようになりました。

動画からもドライブシステムがどういったものなのかを見ていきましょう。

0:38付近:通常攻撃による回復

ドライブインパクト後に通常攻撃で追撃をしている場面ですが、ドライブゲージに注目すると通常攻撃のヒットに合わせて回復していることが確認できます。

適切なタイミングでのゲージ使用であれば、その後もゲージを維持できて有利に立ち回ることが出来そうです。

0:41付近:パニッシュカウンター

特定の条件でカウンターヒットすると成立するパニッシュカウンターが発動しています。

パニッシュカウンターされたリュウ側(左のキャラ)をドライブゲージを見ると、0.5ゲージほど削られていることが確認できます。

パニッシュカウンターを取られることで、ゲージを減らされてしまうため安易な攻撃には注意が必要かもしれません。

0:47~:ドライブゲージの回復

リュウ側が一気に攻め立てていく場面ですが、ジェイミー側(右のキャラ)のドライブゲージに注目するとガード時にはドライブゲージが削られていることがわかります。

その後もジェイミーは攻撃を受けていますが、攻撃を受けている間はドライブゲージの回復が止まっていることも確認できます。

如何に有利に立ち回ってドライブゲージを確保するかが大事になりそうです。

1:00付近:ドライブインパクトによるパニッシュカウンター

再度パニッシュカウンターの話題となりますが「ドライブインパクト」によるパニッシュカウンターが発生しています。

こちらは1.5ゲージほど減っているため発生させた技によって削るゲージ量は変化しそうです。

3:00付近:バーンアウト状態

ジェイミー(右のキャラ)のドライブゲージが空になり「empty」と表示されています。

これがバーンアウトと呼ばれる状態で、その後はゲージが全回復するまではドライブシステムを利用することができません。

ゲージの回復速度を見ても約5秒で1ゲージ分とかなり遅いため、発動してしまうとかなり不利な状態と言えるでしょう。


ゲージを使用して強気に攻めるのも良いですが、ゲージが残り少ない時にパニッシュカウンターをもらってもバーンアウトになるため一気に不利になってしまうので、ドライブゲージの残量にも気を付けたいです。

ドライブシステムの奥深さ

ストリートファイター6の目玉である「ドライブシステム」を見てきましたが、公式サイトの情報や動画から確認できるだけでもかなり奥深いシステムであることが伺えます。

攻防一体のドライブシステムですが、攻めすぎてもバーンアウトの可能性があり、防御に回ると回復が遅れるという攻守のバランスが大事なことが現時点でもわかります。

体力ゲージだけでなく今度からはドライブゲージの管理も非常に重要な要素となっていきそうです。


発売はまだまだ先ですが格闘ゲームの顔とも言える「ストリートファイターシリーズ」の最新作が今から非常に楽しみです。

ストリートファイター6の基本情報

タイトルストリートファイター6
発売日2023年発売予定
対応機種PS4,PS5,XBOX series X|S,Steam
価格未定
開発CAPCOM
公式サイトhttps://www.streetfighter.com/6/ja-jp/


情報提供元:Gamerch
記事名:「「ストリートファイター6」新要素・ドライブシステムを紹介!