■これが中国のやり方か 人の不幸も商売につなげる便乗ビジネス

この事件に“あやかる”かのように飛びついたのが飲食店やネットショップだ。このスキャンダルをネタに便乗ビジネスを展開。もはや、楽しんでいるとしか思えない。

とあるレストランでは…

某レストランでは、ワンバオチャン(王宝強)氏の遭遇について深く遺憾を感じており、そのため、氏名に「王」・「宝」・「強」のいずれか一文字が入っているお客様には10%、二文字が入っているお客様には20%、同名同姓のお客様には30%を割引させていただきます。王氏と顔が似ているお客様には50%offで、宋氏(不倫相手)と顔が似ている人は骨折まで殴ります。というキャンペーンが。

違うレストランでも、王宝強氏に断固サポート

1.身分証明書に記載する氏名に「宝」のある方には12%off
2.身分証明書に記載する氏名に「強」のある方には15%off
3.身分証明書に記載する氏名に「宝」と「強」のある方には40%
4.同名同姓の方は全品無料サービス!
また、身分証明書の顔写真が王氏と似ている方も全品、無料。

オンラインショップでも

不倫現場の写真に映っているものと同じと思われる下着を販売。
他のオンラインショップでも、元マネージャーのめがねと同じものを郵送費用込みで25元(約377円)で販売している。

■誰もが待ち望む 最終着地はどうなる?

ここまで連日ワイドショーを賑わせているからこそ、誰もが気になるのは「最終決着」だ。「かわいそう」といった同情の声が目立つワン・バオチヤンは、この先も芸能界で生き残れるだろう。むしろ、今回の一件でさらに知名度がアップしたのではないだろうか? しかし、元妻と元マネージャーには明るい未来があるとは思えない。中国はおろか、各国のメディアで報道され顔を知られた以上どこにも居場所はないだろう。悪者2人で手を取り合って生きていくしかない道はなさそうだ。

なんにせよ、真実は1つ。まだまだ波乱は続きそうだがどんな終わりを迎えるのか見届けたい。

The following two tabs change content below.
StartHome編集部

StartHome編集部

快適な"Webサイト"の入り口を届けるメディア「StartHome」編集部です。日常がほんの少し変わるかもしれない"新たな発見"をお届けしていきます。

この記事に関するキーワード

Twitterでも最新記事をチェック!