2019年に千葉県に直撃した台風15号。その影響で発生した大規模停電は、多くの方の記憶にも新しいのではないでしょうか。日本では毎年のように地震や台風などの自然災害が発生しています。いつどこで、誰が千葉県の大規模停電のような不安定な生活を余儀なくされるか、予測することはできません。

このような災害への備えというと、食料や水の備蓄が真っ先に想像できると思います。しかしひとたび停電が発生すると、スマートフォンが使えなくなり、簡単に情報へのアクセスができなくなります。つまり電気の備えも食料や水と同様に準備しておく必要があります。

実際に、千葉県の大規模停電の際には、コンセントが取り合いになるという事態も発生しています。

 そこで今回の記事では、災害の備えとして持っておきたい、いつでもどこでも給電可能なAiperのポータブル電源とソーラーパネルシリーズをご紹介します。

防災対策におすすめ!ポータブル電源やソーラーパネルとは?

ポータブル電源とは、本体に内蔵されたバッテリーに電気を蓄えて、外部の機器に給電する蓄電器を指します。スマートフォンなどに使用するモバイルバッテリーの容量が大きくなったバージョンだと考えるとよいでしょう。

また、バッテリー容量以外の決定的な違いとしては、モバイルバッテリーがUSB出力であるのに対して、ポータブル電源はUSB出力以外にAC出力(家庭用コンセント出力)にも対応している点が挙げられます。

つまり本体にあらかじめ蓄電しておけば、停電が起きた際にもポータブル電源から各電気製品へと給電が可能です。

一方でソーラーパネルは、太陽光で発電可能なパネルです。Aiperのソーラーパネルの場合、太陽光で発電した電気はUSBやDC出力を通じて各家電製品へと供給することが可能です。

ソーラーパネルは太陽光さえあれば、災害で停電が起きてしまっても、電気を発電・供給することができる大変便利なアイテムです。

防災対策にAiperシリーズがおすすめな理由

優れた安全性

大前提として、製品が安全でなければ使いようがありません。ましてやポータブル電源は、文字通り電気を取り扱う製品のため、発火や感電など新たな災害の火種となってしまうと元も子もありません。

その点において、Aiperのポータブル電源は内臓バッテリーとアダプターにPSEマーク( 「電気用品安全法」に定められた規格を満たす電気製品への表示が義務づけられている )を取得しているので、安心して使用することができます。

また、BMS(バッテリーマネジメントシステム)を搭載しており、電圧や温度を適切に管理し、過充電・過放電を防ぐことが可能なため、高い安全性が保証されています。

万が一異常を察知した場合には、アラームでお知らせし、電源が自動で停止する仕様になっています。

一方でソーラーパネルは逆流防止ダイオードが内蔵されており、万が一電圧異常などが起こった際には太陽パネルと接続しているデバイスを保護するように設計されています。そしてパネル全体には特殊フッ素樹脂コーティングが施されているので、耐熱・耐食・耐久性に優れた仕様となっています。

電気の出力口の豊富さ

電気の出力口の豊富さもAiperシリーズをおすすめする理由の1つです。Aiperポータブル電源シリーズでは、USBやAC出力(家庭用コンセント出力)以外にも、QC3.0やType-c、シガーポートなど、多様な出力口から様々な電気製品へと給電することが可能です。

 もし災害時に電気がストップしてしまったとしても、Aiperポータブル電源があれば様々な電気製品を利用することが可能です。

また、各出力口から同時に給電することも可能なので、一家に一台備えておくだけで災害時に心強い味方となることでしょう。

ポータブル電源とソーラーパネルを組み合わせて使用可能

Aiperのポータブル電源とソーラーパネルは組み合わせて使用することが可能です。具体的には、ソーラーパネルで発電した電力をポータブル電源の内部へと蓄電することができます。

長期間にわたる停電の場合、ポータブル電源の中に事前に蓄えておいた電気をすべて使い果たしてしまうという懸念が考えられますが、ソーラーパネルとセットで所有しておくことで、太陽光がある限り発電・蓄電することが可能になるため、より安心して災害に備えておくことができます。

ソーラーパネルはポータブル電源へ蓄電するだけでなく、USB出力などで直接外部の機器へと給電することも可能です。

まとめ

年々増加傾向にあるといわれる自然災害。首都直下型地震は今後数10年以内に起きる可能性があると一部の研究で提言されているように、日本に住む私たちは自然災害とともに生きていかなければなりません。

そんな中で災害の被害を最小限にとどめるためには、日頃から防災対策に取り組む必要があります。いつ、どこで、誰が自然災害に直面することになるかは誰にもわかりませんので、ひとりひとりがもしもの場合に備えておくことが大切なのではないでしょうか。

→Aiperが購入できるYahoo!ショップはこちら

The following two tabs change content below.
StartHome編集部

StartHome編集部

快適な"Webサイト"の入り口を届けるメディア「StartHome」編集部です。日常がほんの少し変わるかもしれない"新たな発見"をお届けしていきます。