「アルバイトを募集しても広告掲載費だけかかって応募が来ない」、「せっかく研修してもアルバイトが定着しない」、「人員はいてもシフトに偏りがある」など、アルバイトを雇用している企業にとって、人手不足は重要な課題ではないでしょうか。

特に、飲食業や小売業はアルバイトを中心に現場の仕事を回していることも多く、アルバイトの数が不足してしまうと、シフトの穴埋めのための正社員の長時間労働や営業時間の短縮、そして売上の減少にも繋がってしまいかねません。

そこで今回の記事では、そもそもアルバイトが不足してしまう原因や、高機能なAIロボットを活用してアルバイトの人手不足という課題を解決する方法についてご紹介します。

アルバイトの人手不足が発生する原因は?

アルバイトを雇う様々な企業で人手不足が続いていますが、居酒屋やファミレスなどの飲食店やコンビニや薬局などの小売店ではその傾向が特に顕著と言われています。

総務省の調査によると、飲食店における非正規雇用者の割合は約80%にものぼり、アルバイト、パートスタッフが担う労働力は店舗運営に欠かせないことが分かります。

生産人口は減少しているにもかかわらず、景気の回復によって有効求人倍率数は上昇しています。具体的には、アルバイト・パート全体の有効求人倍率は約1.7倍、飲食店に至っては4倍という高い数値が表れています。

つまり、1人のアルバイトを雇用する際に、1人に対して1.7社が、そして飲食店に至っては1人を4社が取り合っているのが現状です。

したがって、飲食や小売においてアルバイトの労働力は非常に重要であるにもかかわらず、募集しても人が集まらない現状があります。

また人が集まらないことによってアルバイトひとりひとりの負荷が大きくなってしまうと、より良い労働環境を求めて、せっかく確保できた従業員が辞めてしまう、という人手不足の悪循環に陥る場合も考えられます。

アルバイトの人手不足、その解決策は自律走行型ロボット

ここまでご紹介した通り、募集する側から見た場合にアルバイトの採用を取り巻く状況は良いとは言えないでしょう。

確かに「賃金を上げる」、「アルバイトの業務量を減らす」といった対策によって、従業員の応募を促すことは可能です。

しかしこれらの対策と併せて採用媒体への掲載を行った場合、決して安くない費用がかかる上、採用できたアルバイトの定着率は保証されません。

そこで、アルバイトの人手不足という難しい問題の解決策の1つとしてご紹介したいのが、高性能な自律走行型ロボットです。

自律走行型ロボットとは、障害物や人間を検知しながら自律的に走行することが可能なロボットです。

自律走行型ロボットを導入する企業は年々増加しており、案内や清掃業務など様々なシーンで活用が進んでいます。


自律走行型AIロボット「BOBO」は不足する人手の代替となるか

徐々に導入が進む自律走行型ロボットの中でも、飲食業や小売業での活躍が期待されるのがAIを搭載した自立走行型ロボット「BOBO」です。

特にアルバイトの人手が不足している飲食業や小売業においては、案内やオーダー業務、そして決済業務の代替が期待され、人件費の節約が期待できます。

例えば、飲食業の場合、「BOBO」が来店するお客様を感知し、空いている座席への案内、そしてタッチパネルを利用してオーダー業務を代替することが可能です。

従業員が個別に座席案内したり、オーダーを取りに行ったりする手間が省けるため、大幅な業務効率化が期待されます。

また、オーダーは「BOBO」のタッチパネルにお客様自身で行ってもらうことから、オーダーミスなどのヒューマンエラーを防ぐこともできます。

小売業の場合、お客様が「BOBO」に話しかけることで、探している商品が置いている売り場に案内したり、決済業務を画面上のQRにて行ったりすることが可能です。

従業員が個別に商品売り場へ案内する手間が省けるだけでなく、商品の売り場がわからないことによる販売機会の喪失を防ぐという効果も期待できるでしょう。


自律型走行ロボットは不足する人手の代替に

今後、労働人口の減少により人手不足はさらに深刻になると予想されています。

そのため、企業はこれまで以上に人手不足対策に注力していくことが求められるでしょう。

高機能な自律走行型AIロボットを活用することで業務効率化が実現され、人手不足問題を解決できるでしょう。

またロボットを活用すれば、アルバイトを雇用する際の悩みである定着率やシフトの偏りなどの問題を解決できます。

アルバイトの人手不足に悩んでいる方は、これを機に自律走行型ロボットの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

→BOBOの詳細はこちら←

The following two tabs change content below.
StartHome編集部

StartHome編集部

快適な"Webサイト"の入り口を届けるメディア「StartHome」編集部です。日常がほんの少し変わるかもしれない"新たな発見"をお届けしていきます。