「秋になると妙に切なくなる…」そんなセンチメンタルな心を満たすため必要不可欠なのが「女性との交流」だ。すぐに使えてかつ、女性の輪に馴染める秋の会話ネタが欲しい。そう悩む男性諸氏のために、女性100人に聞いた「秋の会話ネタ」アンケートから、ウケの良さそうな話題を調べてみた。ぜひ、これを参考にトークを広げてみてほしい。

autumn-leaves

最強の秋の会話ネタは「食べ物」! 相手の趣味に合わせて「紅葉・旅行」「テレビ」のネタも有効

 

◆ダントツ1位はやっぱり定番の「秋の食べ物の話」だった!

・年上の人と話があうのはやはり食べ物の話題と思います(大阪府/29歳)
・社員旅行も秋にあるのでどんなものが旅先で食べたいかで盛り上がる(東京都/25歳)

◆2位は知らない情報が入手できる「紅葉・旅行の話題」が人気!

・お互いの趣味が合えば、そのまま旅行の計画に繋がりやすいから(兵庫県/33歳)
・紅葉や旅行の話をすれば、勢いで誘ってもらえることもありそうです(岐阜県/29歳)

◆3位は好きな番組で議論できる「新しいテレビ番組・ドラマの話題」

・新番組のドラマを見ている上司の男性は話がしやすいです(兵庫県/36歳)
・知っている話題だと話しやすいし、盛り上がれると思うから(福岡県/27歳)

やはり「定番の会話ネタ」に好印象を持っているようだ。2位の旅行の話は、もしや「お誘い」を待っているのかも知れない。季節柄、旬の食材や新番組にも注目が集まる。

■女性が会話ネタで気にしていることは「無難でかつみんなが知っている話題かどうか」

女性のトークに入ってきて欲しい人材は、話を盛り上げてくれる男性である。女子社員たちは、男性に「お笑い芸人のようなハイテンション」を求めているのではない。会話の内容なんて、みんなが知っている話題で構わない。大切なのは、「共感」と「情報提供」だ。手っ取り早く「あ~、分かる分かる」と相づちを打つだけでも効果がある。また、少々難易度は高いが「美味しいと評判のお店」や「話題の最新スポット」なども食いつきが良い。知らないことを教えてくれる男性は、素敵に見え女性から好まれる存在である。

■好印象を持たれたいなら「最後まで話を聞いて、過去の会話の内容を覚えておく」

会話の内容や相づち以上に、話を聞く姿勢を忘れず会話をすることも大切である。余裕を持って、最後まで話を聞くことを求められる。過去の相手の話を覚えておくのも、高評価だ。「自分の事を気にかけてくれている!」と誠実な印象を持ってもらえ、イメージアップにもつながるだろう。「過去に会話した内容を覚えてくれているとまた話したくなる」(群馬県/28歳)という声も届いている。会話の積み重ねで、「良好なコミュニケーション」を形成することができるのだ。一回の会話を真剣に聞いておき、後日話す機会があったら「過去の話題」を出してみてはいかがであろうか。

アンケートを参考に、旬の話題や定番ネタから入ってみよう。会話を大切にする気持ちさえあれば、女性も温かく受け入れてくれるはずだ。

 

この記事に関するキーワード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ