セールで買った夏服…秋まで使えればと思いますよね。今回は夏服を晩夏初秋まで着まわすちょっとした考え方をご提供します。

30度を超えると一気に着用率が高くなる「ショートパンツ」。この時期ロング丈のパンツは暑苦しくカジュアルではついついショートパンツを愛用してしまうかと思います。当然「ショートパンツ=夏物」のイメージがあるとは思いますが、実はショートパンツは「ファッションコーディネート論」「シルエット論」的に初秋まで使うべきアイテムなのです。ここで考え方の基本となる「ファッションコーディネート論」「シルエット論」を単に紹介します。

mens-fashon
 
まずメンズファッションにおいて最も重要なポイントは「ドレスとカジュアルのバランス」です。ドレスとはスーツのこと、カジュアルとは日常着のことです。メンズファッションはとかくカジュアル一辺倒になりがちです。ご自分のタンスの中を見返してみてください。デニムにTシャツにスニーカーにパーカーに・・・とにかくラフで子供っぽい印象のものが多くはありませんか?実はヨーロッパなどのファッション先進国では「カジュアル一辺倒」ではなく「ドレスアイテムを日常着に使う」ことが多いです。例えばスーツでも活用する白シャツ、スラックス、テーラードジャケット、革靴、レザーバッグなどです。もしくは「アイテム」だけでなく「シルエット」「素材」でドレスの要素を入れ込むこともあります。例えばシルエットならばスーツは「細身」が基本です。ですから日常着における「デニムパンツ」などもシルエットをドレスに寄せる意味で「細身」を心がけてあげるとバランスが生まれます。

何故バランスを意識するのか?「ドレス」は大人っぽさの象徴であり、「カジュアル」はラフでリラックスした子供っぽさの象徴です。この2つ、どちらかに舵を切りすぎても「オシャレ」という評価は得られにくいのです。「ドレス100%」にすれば仕事帰りに見られてしまいます、かといって「カジュアル100%」にすればコンビニに行く姿の様な印象になります。「ドレスとカジュアルのバランス」をとることで「格好良いけど仕事着ではない」「大人っぽいけど遊びがある」という印象に。こうして「オシャレ」という評価を生むのです。

また「シルエット論」も語ります。日本人は体型難を抱えた人種です。私含め胴長短足顔が大きい人が多く・・・欧米人の様に「洋服がなんでも似合う」わけではありません。ずんぐりしていて不格好に見られることの方が多いのです。であるからこそ日本人にとっては「服のシルエット作りで体型を綺麗に見せる」ことが命題となるのです。そこで体型が綺麗に見えやすい基本シルエットを3つほどお教えします。

Aライン

Yライン

Iライン

以上の3つです。体型が特に太ってもいないし極端に痩せてもいない人は全身細くするIラインを意識してみてください。それだけで綺麗にスラリと見えるはずです。上半身にコンプレックスがある人はYラインにしてみましょう。上半身の体型をすっぽり隠し、かつ下半身は細くしてあげればメリハリが生まれ体つきは美しく見えます。下半身にコンプレックスがある人はAラインが推奨です。

なお上で「ボリューム」と表現していますが、これは何も横幅だけの話ではありません。縦の長さもボリュームとして認識されます。なので例えば「ロングコート」などを着る際はボトムスは細身を選ぶこととなります。これはロングコートの「幅」がいかに細くても、ロングである以上「縦」が長いので自然と全体における面積が広くなり「ボリューム」として認識されるからです。ここだけ注意してみてください。

さてこうして基本の法則2つを学んでから「ショートパンツ」を考えてみましょう。ショートパンツはシルエット論においては「ロングコートの例」の逆ですね。面積がロング丈のパンツよりも小さいわけですからボリュームが少ないのです。そこで秋服の長袖シャツなどを合わせてあげると「Yライン」が綺麗に成立します。なぜなら長袖シャツはショートパンツに比べて面積が広いから。ボリュームのあるトップスとボリュームのないボトムスという関係が出来上がるのです。(ちなみにYやAはメリハリが重要ですから、上に合わせるシャツはややゆったりサイズなどでも問題ありません。)

またシャツとショートパンツの組み合わせは「ファッションコーディネート論」においても正しいです。何故ならばシャツはスーツで使う「ドレスアイテム」であり、ショートパンツはスーツでは絶対に使わない「カジュアルアイテム」だからです。

このように論理的に考えると実はショートパンツは秋まで引っ張って使えるアイテムなのです。是非ご参考に。

 

ch2604521

ファッションバイヤー/ファッションブロガーMB

アパレル店舗のスタッフから、店長、マネージメント、バイヤー、コンサルティング、EC運営など多岐にわたる経験を持つ。現在は自身の運営する会社の代表としてプロバイヤーや企業コンサルタントなどの傍ら、ブログ「最も早くオシャレになる方法KnowerMag」を運営中。現在ブログ、メルマガでの活動に加え、扶桑社媒体「週刊SPA!」、KADOKAWA媒体「WebNewType」、メンズファッション雑誌「メンズジョーカー」などで企画協力、連載など精力的に活動中。また「WebNewType」においてはファッションHOWTO漫画「服を着るならこんな風に」の監修も務める。ニコニコ公式チャンネル内「MBチャンネル」では動画や生放送も配信中。また2015年7月より自身のブランド「MB」を立ち上げ、第一弾のスキニーパンツ発売では予約受付開始から5分で100枚を完売させるという驚異的な販売実績も誇っている。

現役メンズバイヤーが伝えるオシャレになる方法 Knouwer Mag

この記事に関するキーワード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ