image03

首都圏にお住まいの方、お盆休みのご予定はお決まりですか?
遠出はできないという方は、ご家族と一緒に近場へドライブに出かけてみるというのはいかがでしょうか?
今回は、お盆休みということで、混雑するところはできるだけ避けたい方必見!の関東・首都圏の厳選されたドライブコースをいくつかご紹介してまいります。

神奈川南部・箱根・富士山周辺

・三浦半島

神奈川県といえば、まず鎌倉・江ノ島など湘南の名所を想像する方も多いのでは?
確かに観光名所ではありますが、ドライブに適しているか?というとちょっと。。。なぜなら、この時期の湘南は休日どころか平日でも道路が混雑してますし、お盆だと駐車場の満車状態がずっと続きます。
また、鎌倉・藤沢周辺では鉄道が便利ですし、車でおでかけするほうが大変かもしれません。(特に鎌倉は土日に自家用車の乗り入れが規制されるエリアもあります。ということで電車が圧倒的に便利!)それに比べると、海をみながら三浦半島を一周するほうがのんびり楽しいかもしれませんね。

三浦半島は伊豆半島などに比べて面積が小さく、一日があれば簡単に一周できます。また三浦半島には、高速道路の「三浦縦貫道路」と「横浜横須賀道路」もあります。途中で飽きたり、時間が足りなかったりする時は、すぐに帰路に着くことが出来るのも魅力のひとつです。
また三浦半島は「まぐろ料理」のメッカ!三浦半島の先端、三崎漁港周辺にはまぐろ料理のお店がたくさんあります。
のんびりドライブをしながら、おなかがすいたら、まぐろ料理に舌鼓。というのもいいですね。

そして三浦半島の東側には、海沿いにたくさんの海浜公園があり、家族でリラックスすることができます。ドライブ中の休憩スポットとしても最適ですね。一方、葉山御用邸をはじめ、リゾート風のスポットがたくさんある西側では海の向こうにある江ノ島や富士山が見えて、絶景を満喫できるドライブが楽しめます。

image04

東京都心からの距離:首都高速経由で1時間(金沢文庫まで)

ドライブ所要時間: 約4時間(金沢文庫周辺から海沿いの道路を葉山町まで)

・箱根スカイライン・芦ノ湖スカイライン・箱根ターンパイク

箱根・芦ノ湖周辺にある一連の有料道路です。標高の高い山上を走る観光用道路なので、眺めは言うまでもなくすばらしいです。海・湖・山(太平洋・芦ノ湖・富士山)が全部見れるという点は、全国でもなかなか珍しいと言ってもいいでしょう。
箱根の温泉施設や、芦ノ湖周辺のレジャー施設もあわせて利用できますので、十分充実した休日がここで過ごせます。

image00

東京都心からの距離: 東名高速・小田急厚木道路経由で約1時間半(ターンパイクの入口まで)
ドライブ所要時間: 約3時間

・富士山スカイライン(自家用車で到達できる一番標高が高いところ)

富士山は東京からは3時間以内で行く事ができます。ドライブコースとして、北側にある「富士スバルライン」という有料道路が有名でよく利用されるとのこと。しかし、実は五合目までの無料道路があるのです。

それは、静岡県道152号線の「富士山スカイライン」です。
東京方面から御殿場ICより高速から降りて、県道23号を走ると富士山スカイラインに入ります。
標高がだんだん高くなり、最後は標高2400メートル(五合目)に着きます!

ここは自家用車で到達できる日本で一番標高の高い場所となります。(長野県の乗鞍エコーラインは、さらに高い場所までいけますが、環境保護の政策によりマイカーの走行が規制されているため、バスでしか行けません)。
ドライブで行ける「最高な」ところで家族や恋人との大切な時間を過ごすのはいかがでしょう。

栃木・群馬・長野周辺

・いろは坂・中禅寺湖・霧降高原道路

有名な日光・鬼怒川地区のドライブコースです。中禅寺湖や華厳の滝までの「いろは坂」は良く使われていて、とても穴場ドライブコースとは言えませんが、霧降高原道路のほうでは知る人ぞ知るというところでありながら、印象に残る景色を楽しむことができます。

ドライブコースは、日光駅付近から始まる霧降高原道路を北へ走行し、突き当たりで県道23号線を右折、その後川俣温泉を経由し、鬼怒川・龍王峡の奥のほうから日光方面へ戻るというルートです。

image07

東京からの距離:東北道・日光宇都宮道路経由で約2時間(日光駅まで・日光駅でレンタカーを借りるのがお勧めです。)
ドライブ所要時間: 温泉入浴・龍王峡観光を含んで、1日ぐらいあれば最適です。

・妙義・碓氷峠・軽井沢
軽井沢は、首都圏の方にとってはお馴染みのリゾートエリアで、ドライブよりは散策・リラックスがメインの観光地ではありますが、ドライブすること自体も楽しいです。

国道18号線の旧道を使って碓氷峠を越えることができ、更に近くには妙義山もあり、車好き・山が好きな方にとってはうれしいスポットでしょう。
東京からの距離:関越道・上信越道経由で約2時間
ドライブ所要時間:1日かけてゆっくり散策するのがお勧めです。

千葉・房総周辺

・銚子・九十九里浜

千葉県の銚子は、おいしい新鮮な海鮮料理が食べられて景色もなかなかきれいな場所です。

銚子でゆっくり1日を過ごしてもいいですが、時間が余った場合は、海沿いをそのまま南へ行き、太平洋の大海原を眺めながら、気持ちがよいほどの直線道路!でのドライブが楽しめる九十九里浜沿いのドライブも最高です。

有料道路を走ればすごく快適ですが、スピード超過だけに注意して下さいね。

image05

東京都心からの距離:約1時間
ドライブ所要時間:約3時間

・東京湾アクアライン

まさにドライブのために作られた道路だと言えるアクアラインは神奈川と千葉両県を東京湾を跨いで繋がっています。
アクアラインは、半分トンネル半分橋という特殊な構造で、トンネルと橋の繋ぐ部分には「海ほたる」というパーキング施設があります。施設内の店舗やレストランを利用したり、海を眺めたりすることができ、「恋人たちの聖地」の一つともいわれています。

東京からすごく近くありますので、長時間乗車の苦労もありません。ただし、アクアラインを抜けた先の木更津には人気のアウトレットがあり、お盆休みを含めた休日は、渋滞が必至だということも覚悟しておいたほうがいいかもしれませんね。

image01 image06

東京都心からの距離:1時間以内
ドライブ所要時間:海ほたるに止まらない場合は20分弱
※ETCカードを必ず用意しておきましょう。通常料金より2000円以上も安くなります。

いかがでしたか?お盆休みが取れても長い休暇ではない方、なるべく遠出はしたくないという方は、
ぜひこのような身近なドライブコースにおでかけしてみてくださいね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加