ローストビーフ丼着丼

この代物は何だろうか。

丼を覆い隠すピンク色に染まった肉。肉。肉。

ローストビーフ丼。

私は生まれて初めて、「ローストビーフ」×「丼(どんぶり)」の組み合わせを見た。

—————————————————————————————————-

ここは若者のメッカ、原宿。
神戸でその名を轟かせている肉の名店。

『レッド ロック(Red Rock)』である。

高田馬場店の大行列ぶりを耳にしていたが、
その待ち時間の長さ(3時間!)に行けずじまいだった。
そんな折、筆者の元に入ってきた原宿店オープンの情報。

「くそがっ!行くしかねえ!!!」

■ココ行きポイント
✔ホテルのバイキング並みのローストビーフがたらふく食える
✔待ち時間が少ない。高田馬場店は3時間、原宿店は0分!
(当社調べ。平日20時台)
✔ローストビーフは女子も食いつく。(上手く行けば誘える)

とある平日、残業ですべての精気を吸い取られた私たちは、汗だくになって原宿へ向かった。

エントランス
原宿駅から歩いて8分ほど。
明治通沿いのBEAMSの地下にその店はあった。

牛頭
頭上を見上げると牛。

待ち時間0分
階段に待ち人はおらず、並ばず入店できた。

食券制
注文は食券制となっている。
メニューはシンプルに「ローストビーフ丼」「ステーキ丼」の2択。潔い。

待つこと10分。
肉の山が運ばれてくる。

!!!!!!

!!!!!!!!!!!!

!!!!!!!!!!!!!!!!!!

ローストビーフ丼 大盛り3丁。どどん!

ローストビーフ丼3人前

「肉でごはんが見えねええええ!!」
(涙であしたが見えねえ調)

何層にも重ねられたローストビーフは、ともすればミルフィーユのようであり、いやがおうにも肉欲を直撃する。

ローストビーフ丼整列
整列したローストビーフ丼たち。

ローストビーフ丼鎮座
バーカウンターに鎮座するローストビーフ丼。
※原宿店はバーカウンターもある。

肉のカーテン
肉のカーテンとはこいつのことだ。(キン肉マン世代)

肉のスカートをぺろんとめくると、、、

肉のスカートめくり
でろりん

とろとろの半熟卵と、ちょい甘目のタレが絶妙に絡んだ飯が顔を出す。

これまた絶妙。

ラストピース
ローストビーフが余ることもなく、ご飯が余ることもなく食い進み、

完肉
完肉。

スマイル
この通り。(顔でけえ、、、)

焼き肉ほど服に匂いがつかず、
ステーキほど肉汁が飛ばない。
気軽な格好でお手軽に食えるローストビーフ丼。
ぜひ、読者も行ってみてほしい。
※男一人めしにも最適です。
※7月29日の「めざましテレビ」のコーナーでも紹介されていました。混む前に!

■レッドロック 原宿店
住所       東京都渋谷区神宮前3-25-12 フジビル B1F
営業時間   11:30~22:00(L.O)
定休日     不定休

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ