最近大流行中のインフルエンザ。国からも大流行の警鐘が上がっているほど、猛威を振るっています。皆さんの近くでも、インフルエンザにかかってしまっている人もいるのでは?
今回はインフルエンザの予防法を紹介します。

最も効果があるのは、ワクチン接種

influenza1

インフルエンザに対して、最も効果があるのはワクチン接種です。ワクチンを接種することで、インフルエンザにかかる確率は大きく減少します。
時々、「ワクチンを打ったけどインフルエンザにかかった」と言った声も耳にしますよね。ワクチンはあくまでも予防策なので、ワクチンを接種したからといって、100%絶対にインフルエンザにかからない、というわけではないからです。しかし、現代医療でインフルエンザに対して最も効果があるのは、予防ワクチンの接種のみです。

通常インフルエンザは12月下旬から3月上旬頃に流行のピークを迎えるので、それまでにワクチンを接種しておくのが望ましいのですが、ワクチンは接種後2週間ほどで効果が現われるので、まだ間に合います。
ただし、ワクチンには数に限りがあり、クリニックによってはすでに在庫がない場合もあるので、最寄りのクリニックで確認してみましょう。

ワクチン接種は毎年継続して受けること

インフルエンザの予防ワクチンは、その年の流行予測に合わせてワクチンが改良されています。2018年~2019年にかけては、「シンガポールA型(H1N1)」「香港A型(H3N2)」「プーケットB型(山形系統)」「テキサスB型(ビクトリア系統)」の4種類が流行するといわれており、その4種類のウイルスに効くワクチンが混合されているのです。
年によって流行の予測が変わるので、インフルエンザのワクチン接種は毎年受けるようにしましょう。
また、ワクチンの効果は4ヶ月程度しか持続しないので、去年受けたから大丈夫、とはなりません。

マスクや手洗いうがいには効果なし?

influenza2

インフルエンザの予防に関して、マスクや手洗いうがいにはほとんど効果がない、という意見もあるようです。また、日本ではよくマスクをしている人を見かけますが、マスクをしているからインフルエンザの予防に効果がある、というデータはなく、効果は限定的だとする声もありますよ。
とはいえ、インフルエンザは飛沫感染するので、ある程度の予防効果は認められますが、マスクをしたり、手洗いうがいをしているからインフルエンザを予防できているとは考えず、ワクチン接種をするようにしましょう。

インフルエンザの予防には歯磨きも効果的

意外に思うかもしれませんが、歯磨きをして口の中を清潔に保っておくことがインフルエンザの予防に効果があるというデータもあるようです。
口の中を不潔にしていると、口内細菌が、インフルエンザウイルスが粘膜に侵入しやすくする酵素を出し、インフルエンザにかかりやすくなってしまいます。また、インフルエンザは口内の雑菌が出す酵素を媒介にして増殖するので、歯磨きをせず雑菌を放置していると、インフルエンザウイルスが増殖しやすくなってしまいますよ。
きちんと歯磨きをして、インフルエンザ対策をしましょう。

効果的な予防策を!

まだまだ猛威を振るっているインフルエンザには、ワクチン接種をして備えましょう。エクササイズをして体調を整え、体のバリア機能を高めておくことも重要ですよ。

FystaのInstagramアカウントはコチラ

FystaのInstagramでは、ダイエットや美容、フィットネス等に関するお役立ち情報を毎日更新しています!
@fystalab(←クリックしてね!)

Fystaアプリのダウンロードはコチラから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加