1022sh

内部関係者情報が儲けの近道!

「簡単に確実にお金を増やす方法はないか?」

「宝くじみたいな運頼みではなく、根拠のある信頼できる情報で勝負をしたい」

「週末に片手間でできる楽な副業はないか」

こういった願望は誰もが持っているはずだ。株やFXといった副業は、平日に忙しいサラリーマンには向いていないし、トランプ大統領の発言一つで一気に相場が乱交化するほど。そのリスクは計り知れないものがある。

そんな中、一部で今確実に勝ち組が増えているのが「競馬」だ。競馬はギャンブルというのは昔の話、今や若者が多く競馬場に押しかけ、そして何よりも馬券で儲けるための手法が一気に進化した。例えるなら、今までプロペラ機で飛んでいたが、ジェット機の登場で飛行機の性能が一気に上がったといえるほど。

何が大きく変わったのかといえば、インターネットの普及に伴う情報やデータの増加。そして競馬を「投資」として認識し、確実に勝ち、儲けるための手法が確立されてきたこと。それはここ数年急増した、馬券で儲けた利益を申告しなかった「馬券裁判」からもわかるだろう。

競馬は二十歳以上であれば誰でも購入でき、最低購入額は100円からと、ロトや宝くじよりも安い。にもかかわらず最高で6億円もの配当も見込める、まさに夢のような投資法。100円が1万円になる万馬券、100円が1000円になる10万馬券、もちろん100万馬券もあるし、購入方法によっては1億円の払戻も夢ではない。

しかしスポーツ紙や競馬専門紙を使った馬券の買い方では、競馬の勝ち組にはなれない。これらはあくまでも初心者向けのものであり、プロや競馬の勝ち組は一切活用していないからだ。では競馬の勝ち組はどうやって勝ち続けているのか、その答えは「内部関係者情報情報」にある。

株でインサイダー情報を利用すれば犯罪になるが、競馬は何もない。つまり、馬券に直結するインサイダー情報をより多く手に入れた者が、勝ち組になるのだ。生き物であるサラブレッドを扱う以上、データだけではわからない関係者の思惑や、本当の状態がある。そしてそれは勝負どころになればなるほど、マスコミに流れることはない。マスコミに話せばインサイダーではなくなるからだ。

つまり確実に好走できる馬の情報を独占すれば、配当も高くなり利益が増える。これが勝ち組の手法である。もちろんこれは、素人や競馬初心者が簡単に手にできるものではない。身内に武豊や福永祐一、外人騎手のルメールやモレイラ、デムーロなどと仲がいいなんて人がいれば別だが、多くの競馬ファンはそんな関係者とは無縁なもの。

しかしそんな関係者のインサイダー情報を素人でも入手できる方法があれば、誰もが活用したくなるはず。それがインサイダー情報を扱う競馬情報のプロを活用することだ。

tenGJ3

今や競馬は絶好の稼ぎどころ

今回注目したプロとは、創業37年の歴史を持ち、あらゆる競馬関係者と接点を持つ最強の存在「ホースメン会議」だ。競馬予想の神様と言われた大川慶次郎氏が「競馬ファンに勝つための情報を提供し、一人でも多くのファンに的中と勝つ喜びを伝えたい」という思いから設立された会社。37年間競馬ファンに支持され、そして誰もが認める実績を築いてきた。ホースメン会議を利用して大金を得た競馬ファンは数知れず、今も毎週のように勝ち組が誕生している。

ホースメン会議の凄さは「徹底した情報の収集と分析」にあるといえよう。競馬専門チャンネルやラジオ解説でお馴染みの能勢俊介氏を筆頭に、元JRA騎手でG1ジョッキーの東信二氏や、東西を代表する競馬のプロである関係者が集結し、全国から集まったインサイダー情報を精査。徹底的に分析し、厳選に厳選を重ねた勝負レースを提供。確実に的中できるレースを狙い、高的中率・高回収率を記録している。10月に入っても重賞レースは5戦5勝とパーフェクト的中を達成し、10月7日には京都6Rで3連単10万5080円という高額万馬券を的中させている。この10万馬券は100円が10万円、1000円が100万円になる高配当。まさに夢のような「一獲千金」を達成したといえるだろう。

そのホースメン会議のスタッフが満場一致で「10月の重賞で一番の自信度」「3点で勝負できる」と語るレースが、今週行われる第158回天皇賞(秋・G1)だ。

tenGJ4

業界を代表するプロの決断は必見!

この天皇賞は、2016年と2017年の日本ダービー馬であるマカヒキ、レイデオロ。他にも宝塚記念を勝ったミッキーロケット、大阪杯を勝ったスワーヴリチャード、ヴィブロス、ディアドラ、キセキ、アルアインなど7頭ものG1ホースが出走。プロ野球のオールスターともいえる豪華メンバーで、競馬ファンでなくとも注目の一戦と言えるだろう。そしてホースメン会議は、この天皇賞に関して以下のように語っている。

「出走馬のレベルが高いことで、新聞や各マスコミは混戦模様というような報じ方をするでしょう。恐らく各紙の印も割れると思いますが、そんな中で当社は『人気薄ながらも馬券になる確率が高い狙い馬』と『軽視すべき実績上位馬』が存在することを把握しています。10月の重賞レースは5戦5勝と好調ですが、この天皇賞はそれらの実績を上回る手応えを感じています。もちろんその情報は当社が独占したインサイダー情報。マスコミに流れることはありませんから、好配当が見込めます。

なお今回に限り、当社の実力を知っていただくため【天皇賞秋・鉄板3点勝負】を特別に無料で公開します。馬券を買ってみようかなと考えている人や、今まで馬券で儲けたことがない人に、ぜひ利用していただきたいですね」

ホースメン会議が誇るメンバーは、競馬界を代表する大物ばかり。IT業界で例えるなら、スティーブ・ジョブズとビル・ゲイツと孫正義が手を組んだようなもの。業界最強の実力者達がここにいるのだ。

スポーツ紙やテレビに出ているタレント予想家とは明らかに格が違う。そんなプロの予想を無料で見られるという衝撃的な事実。しかもこの天皇賞情報が仮に不的中だった場合、11月25日のジャパンカップ当日まで「1日1鞍の渾身予想」を無料で公開するという補填付き。まさに自信の表れであり、目が離せないビッグイベント。

ちなみにホースメン会議では競馬初心者向けにも馬券の買い方などのサポートも行っている。今週から競馬デビューを考えているなら、ホースメン会議を利用するのはまさにベストの選択。まずは天皇賞(秋)の無料情報をしっかりゲットし、その実力を堪能しよう。そして人生の勝ち組として、新たな一歩を踏み出そうではないか。

CLICK→特別無料公開!「天皇賞秋・鉄板3点勝負」ホースメン会議

  • このエントリーをはてなブックマークに追加