2014年には世界で12億台を超える数が販売されたスマートフォン。それは私たちの身体の一部になってから久しく時が過ぎました。そして、スマートフォンが手放せないのは何も私たちだけではなく、小さな子どもも同じです。
今の子ども達は、生まれたときからスマートフォンやタブレットに囲まれ、常時インターネットに接続するという環境で過ごしていますが、翻って私たちが幼かったころはどうだったでしょうか?人によって個人差こそあれ、近所の公園でブランコに乗る、トンボを捕まえる、砂場で山を作る、といった思い出は多くの人が共通して持っているのではないかと思います。

01
テクノロジーが進化した今、幼い頃からより多くの知的刺激に触れられるのはとても良いことですが、子どもたちがデジタルスクリーンに接している時間が長くなればなるほど、公園で遊ぶような戸外活動の時間はどうしてもトレードオフになってしまいます。では、子ども達からそういったテクノロジー機器を取り上げてしまい、強制的に外に出すことが正しい子どもの育て方なのでしょうか?これは最近の多くの親の頭を悩ませる疑問でもあります。

06
でもひょっとしたら、もうそんな悩みを抱える必要はなくなったのかも知れません。子どもにとって、身体を動かして活発に遊ぶことと、インターネットに繋げて最新のテクノロジーを使いこなすことは両立できるという事実を証明しようとしている人がここにいます。日本に住むその彼が創りだしたその名も「スマートトイ」と呼ばれる機械は、日本だけでなくアメリカのAmazon でもTech Toy のランキングで最高2位につけるなど、全世界で話題沸騰中なのです。
テクノロジーの進歩が可能にした、まったく新しい「身体を動かす遊び」が、世界中の親子の間で人気を博しつつあります。皆さんがこれから目撃するのは、そんな未来の遊びについての物語です。

11-2

「僕らは次の世代の本当の遊び方を提供したいと思っています。」

高萩昭範(株式会社Moff)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ