1月29日から築地本願寺ブティストホールで公演する舞台「マキシマムスピード〜限界突破〜」。
主人公桐原秀明役を演じる仲野温、そのライバルである山坂容太役の阿部悠真、多山修二役の大川慶吾、そして伝説のスプリンター為永清司役の佐川大樹。今人気の若手実力派俳優が揃った注目の舞台だ。

上記の4人に星野美代役の田中梨瑚、小山田太一役の今村聡を加えた6名のメインキャストに舞台への想いと意気込みを語ってもらった。

メインキャストインタビュー

― 自分の演じている役で注目して欲しい所はありますか? ―

仲野 温

仲野)自分の演じている桐原は実力はあるのに精神的なプレッシャーによってスランプに陥ってしまうんです。そのスランプを為永や色んな人と関わることによって乗り越えられるのかが見所です!

佐川大樹

佐川)それでいうと為永は挫折を味わい競技の世界から退いてしまうんですけど、自分と同じような境遇の桐原と出会って為永自身がどう変わっていくかを見て欲しいです。

大川慶吾

大川)自分の演じる多山は桐原や為永みたいにエリートじゃないんで挫折なんて散々味わってきてるから失うものがないんですよ!!多山の競技者としての情熱を届けられたら嬉しいっす!

仲野)なんかもう伝わってきてますね!(笑)

阿部悠真

阿部)僕はそんな多山とは真逆というか…(笑)山坂は内には熱いモノを持ってるのですが、それをあまり出さないクールさとライバルである桐原への優しさも持ってるんです。社会人スプリンターであり、ライバルの2人よりも年上なので大人の余裕を見せたいです。(笑)

田中梨瑚

田中)私の演じる美代はストーリーの中で色んな人に影響を与える役なので、美代がどのようにみんなを変化させていくのかに注目して下さい!

今村聡

今村)小山田太一という役は、テレビ東京のモーニングサテライトと言う番組のワンコーナーで「突然ですが、ピンチです」というビジネスドラマがありまして、そこに出ていた役なんです。ドラマ版では小山田はいつもピンチばかり起こすのですが、今回の舞台ではどう活躍するのかに注目して欲しいです。

インタビュアー)では小山田の成長が見られるんですね⁉

今村)見せられるように頑張ります。(笑)

― 演じる役と自分との共通点があったら教えて下さい! ―

仲野)自分も結構内に溜め込むタイプなので良く悩む所は桐原と良く似ていると思います。というか、全体的に似てる所が多いです。(笑)

大川)じゃあ本当にハマり役だね!

仲野)はい、ハマらせてもらってます。(笑)

佐川)実は、自分も俳優として大きな挫折を味わった事があるんです。だから為永の気持ちは凄く理解できますね。ただ為永と違うのは、自分はまだこの世界で踏ん張っていきたいと思ってるとこですね!まだ諦めませんよ。(笑)

大川)それで言ったら、自分は挫折ばかりの俳優人生なので多山と境遇が似てると思ってます。これからもっと上に行こうっていう向上心しかないヤツなんで自分も基本的に一緒です!(笑)

阿部)自分は結構感情をすぐ出してしまうタイプなので山坂とはタイプが違うんですけど、山坂も自分も周りが気になっちゃうというか、周りの事を常に見てる所は似てるかなって思います。

田中)まず、共通点は自分も今15歳なんで高校生という所ですかね。(笑)美代という役は高校生ながらに日本代表になるような凄い人なので少しでも美代に近づけるようにしたいです!

― 今回の舞台のサブタイトルが〜限界突破〜という事で、この舞台の為に限界突破できるように努力している事はありますか? ―

一同)えぇーー!?(笑)

仲野)うーん…自分は今回初出演という事で未熟ながらもみんなを引っ張っていきたいという想いがあって、苦手な長セリフを出来るだけ早く覚える努力をしました。今までこんなに長セリフがある事が今まで無かったので限界突破できたかなって思います。

佐川)今までやってきた役が若い役が多かったのですが、今回は伝説のスプリンターという役なのでどうやったらその説得力を持たせられるかを常に研究してます。セリフ一つ一つをしっかり重みを持って伝える努力してるんで、限界突破できたかどうかは観てくれる方に判断してもらえれば…(笑)

大川)筋トレです!自分は筋トレが大の苦手なんですけど、100メートル走で9秒台を目指す役の説得力を持たせる為にも今は、必死に体を作ってます。是非本番で仕上がった僕の体を見てもらいたいです。

インタビュアー)いやいや、脱ぐシーンないよね⁉(笑)

大川)観てのお楽しみです。(笑)まぁウソですけど、競技服を着るシーンがあるのでそこで仕上がってるかわかると思います!

阿部)自分は今まで俳優として感情を全面に出す役ばかりやってきたんです。でも今回は全面に表現しなくても感情がお客様に伝わるような芝居を心掛けてます。その為に今までにない俳優としての自分を見せられるように努力してます。

田中)自分は今現役の女子高生なので、学業と芸能のお仕事をしっかり両立するという事を一番に努力しています。本当は芸能のお仕事が大好きで楽しいので力の入れ方が偏ってしまいそうなのですが、どちらもしっかりやれて初めて大人として認めてもらえると思うので勉強も手を抜かず頑張ってます!

一同)凄い15歳…(笑)しっかりしてるわぁ。

集合写真

― 改めて、最後に主演のお二人にこの作品への意気込みと記事を読んでくれた方へのメッセージを下さい ―

仲野)初出演作品という事でとにかく絶対良い作品にしたいです!その為に自分はもちろん、みんなの力もお借りしなければなりません。出演者一同、残りの稽古1日1日を大事にしたいです。

佐川)観てくれた人に何か大事なものを持って帰ってもらえる作品です。金メダルの話が劇中にあるのですが、それぞれの役の金メダルをお客様に届けられたら嬉しいです。

(インタビュワー大迫洸太郎)

舞台「マキシマムスピード~限界突破!!~」公演概要

~イントロダクション~

日本人初100m9秒台達成の影には、選手に合わせた特注スパイク作りチームと熱いトレーナーたち、そしてかつて9秒台に最も近いと言われていた選手の2年間に及ぶかけがえのないドラマがあった。

【場所】
築地本願寺ブディストホール
〒104-9945 東京都中央区築地3丁目15−1第一伝道会館2階

【日程】
2019年1月29日(火)〜2月3日(日)6日間 全9公演
1月29日 (火)19:00
1月30日 (水)14:00/19:00
1月31日 (木)19:00
2月1日 (金)19:00
2月2日 (土)14:00/18:00
2月3日 (日)12:00/17:00
※客席開場 開演の30分前(受付・物販1時間前)

【チケット】
プレミアム席5,500円(税込・全席指定)
一般席4,000円(税込・全席指定)
学割席2,500円(高校生以下、税込)

【プレイガイド】
CoRich(こりっち)プレミアム席・一般席
https://ticket.corich.jp/apply/97037/

LINEチケット(学割チケット独占)
https://ticket.line.me/artists/10581

【出演者】
佐川大樹(為永清司)
仲野 温(桐原秀明)
阿部悠真(山坂容太)
大川慶吾(多山修二)
田中梨瑚(星野美代)

今村 聡(モーサテ商事 小山田太一)
清水美那(モーサテ商事 川村美那)
吉見麻美(モーサテ商事 浅見好美)
大迫洸太郎(モーサテ商事 大迫洸太郎)
清水綾乃(モーサテ商事 滝岡綾乃)

佐野いずみ(為永マリ)
中村まゆみ(星野祥子)
岡田幸典(鈴木 充)
松田 翼(本多 宏)
松田俊大(豊田渉)
松原怜香 (市村まや)
深井美穂(金井雅子)
黒木敦史(三島 通)
M!Kё(二平勝子)

崔 哲浩(土橋英司)

【スタッフ】
脚本:藤原 良
演出:田中優樹
演出助手:吉見麻美
舞台監督・美術:高橋佑太朗
音響:渡辺禎史
照明:南条真沙代
ヘアメイク:大島千穂
撮影:黒木敦史
デザイン:白田清美
制作:流 晃士
当日制作:茅瀬 環
制作プロデューサー:竹内忠宜
プロデューサー:小川 進

【公式サイト】
http://maximum-speed.info/

制作協力 :アイビー・エンタテインメント/エヴォルヴ/縁劇人/オフィスア・メイズ/オフィスキール/クロコダイル/ジャスティスジャパンエンターテインメント/team最誘危/ハーモニープロモーション/ブロッサムエンターテイメント/ユーキース・エンタテインメント/夢工房

主催:TOffice

The following two tabs change content below.
miranda

miranda

編集長のmirandaです。お役立ち情報や注目ニュースなどをお届けいたします。