LA生まれ・LA育ちのCody(コーディー)。高校卒業まで太陽の降り注ぐロサンゼルスで過ごしており、顔は日本人だけれど、実は日本語より英語のほうが得意です。
そんな彼が日常で使える英会話を披露します。

ressone

「眠りの小五郎」じゃないの?

今回はちょっとした豆知識です。
実はアメリカ版『名探偵コナン』の登場人物の名前は、日本と全く違います。今回の4コマを見てもらうとわかる通り、

「毛利小五郎」→「Richard Moore(リチャード・ムーア)」

となっているだけでなく、

「江戸川コナン」→「Conan Edogawa(コナン・エドガワ)」
「毛利 蘭(もうり らん)」→「Rachel Moore(レイチェル・ムーア)」
「阿笠 博士(あがさ ひろし)」→「Hershel Agasa (ハーシェル・アガサ)」
「灰原 哀(はいばら あい) / 宮野 志保(みやの しほ)」→「Anita Hailey(アニータ・ヘイリー)」

と、コナン以外の登場人物は全く違う名前で呼ばれています。

ちなみに、タイトル『名探偵コナン』『CASE CLOSED』と変更されているのだとか!

他のアニメの登場人物も…?

他のアニメでも

ポケットモンスターのサトシは「アッシュ(Ash)」
ドラえもんのジャインアンは「ビッグジー(BIG G)」と呼ばれていますよ。

外国人と、共通のアニメの話をしているはずなのに話が噛み合わない!ということが起こったら、原因はこれかもしれませんね。

See you next time

これまでのLessonはこちら

【Lesson1】コーディーのワンミニッツ英会話

【Lesson2】コーディーのワンミニッツ英会話

The following two tabs change content below.
StartHome編集部

StartHome編集部

快適な"Webサイト"の入り口を届けるメディア「StartHome」編集部です。日常がほんの少し変わるかもしれない"新たな発見"をお届けしていきます。