食べる組み合わせでデブ防止! 食べ方のポイント

では、どんな組み合わせが良いのだろう。ウーマンウェルネス研究会によれば、「食物繊維の多いものを取り入れる」「ビタミンB1を含む食品を一緒に摂取する」「体を温める食材を摂る」ということがポイントになるという。

■食物繊維の多いものを取り入れる
小麦粉を使った消化は良いが、血糖値が上がりやすく、使われなかった糖が脂肪として蓄積されてしまうという。血糖値が急激に上がることを防ぐべく食物繊維が豊富に含まれている“野菜”“きのこ”と一緒に食べる方が良いだろう。

■ビタミンB1を含む食品を一緒に摂取する
ビタミンB1には、糖質をエネルギーに変え代謝するという働きがある。また、ビタミンB1が不足してしまうと乳酸などの疲労物質が作られ疲れやすくなってしまうことも。そこでオススメなのが“豚肉”だ。特にヒレやモモといった赤み部分が良いという。

■体を温める食材を摂る
冷たい食べ物は内臓を冷やし代謝を下げてしまい肥満を引き起こす原因に。体を温めるべく取り入れたいのが“ネギ”“しょうが”“ニラ”“ニンニク”“山芋”“根菜”“黒ゴマ”といった薬味として相性の良い食材ばかり。体に良いだけでなく味のバリエーションも楽しめるのも嬉しい。

そうめんだけでなく、さまざま食材を取り入れることで、栄養バランスも整い肥満を回避できる。うっかり食べ過ぎてしまう前に、ぜひ試してみて欲しい。

The following two tabs change content below.
StartHome編集部

StartHome編集部

快適な"Webサイト"の入り口を届けるメディア「StartHome」編集部です。日常がほんの少し変わるかもしれない"新たな発見"をお届けしていきます。

この記事に関するキーワード