上司からの誘いや同僚との約束・・・

なにかと社会人にはつきものの「飲み会」。

飲み会といえばアルコールに脂っこいおかず、シメのラーメン・・・とダイエット中ではあってもついつい食べ過ぎしまいますよね。

そんな食べ過ぎをなかったことにリセットできればいいのに・・・なんで食べちゃったんだろう・・・と後悔にかられる翌日の朝。

でも実は、食べたものが消化吸収されるまでは3日かかるといわれており、食べ過ぎた翌日からの2日間の過ごし方次第では、食べ過ぎをリセットすることが可能なんです!

今回は、うっかり食べ過ぎてしまった!をリセットする方法をご紹介します♪

水分を摂る

食べ過ぎた翌日、体重計に乗ると1~2kg増えている!という経験がある人もいるのではないでしょうか。

しかしその増えた分の体重というのは、脂肪ではなく、食べ物に含まれている水分であることがほとんど。

肝臓に蓄えられているうちの2日間で、食べ過ぎてしまった糖質や脂質の代謝を促してあげることが重要なんです!

そのためにも欠かせないのが、水分補給。

食べ過ぎてしまった翌日からこまめに水分補給をして、むくみを解消することが大切です。

一日の活動量を上げる

食べ過ぎてしまったものをリセットするには、日常のちょっとした行動にも気を遣って普段よりも活動量を上げてあげることが大事。

たとえばエレベーターを避けて階段を使ってみたり、ひと駅分歩いてみたりと、普段よりも意識してからだを動かしてあげるようにしましょう。

運動が苦手、という方にはリラックス効果のあるヨガがおすすめ。

ヨガのリラックス効果は副交感神経を優位にするので、スムーズな消化や代謝につながりますよ♪

翌日の食事は抜かない!

食べ過ぎてしまった翌日は、その罪悪感から食事を抜いたり、量を減らしてしまいがち。

ですが、それは逆効果!

食べ過ぎてしまったものは、脂肪として蓄積される前になるべく早くからだから排出してあげることが必要なので、スムーズな代謝が欠かせないんです。

絶食したり、量を減らしてしまうと、代謝を促すための栄養素が不足し、食べ過ぎがリセットされにくくなってしまいますよ。

最後に

いかがでしたか?

今回は、食べ過ぎをリセットするための方法をご紹介しました。

食べ過ぎてしまった!と思っても、翌日からの生活次第でそれはちゃんとリセットできるんです!

なんといっても、消化吸収されるまでの2日間がミソ!

いつもより多めに運動したり、意識的に水分を摂ったり、代謝効果のある食物繊維をたくさん摂ったりして、食べ過ぎをなかったことにしちゃいましょう!

FystaのInstagramアカウントはコチラ

@fystalab(←クリックしてね!)

FystaのInstagramでは、ダイエットや美容、フィットネス等に関するお役立ち情報を毎日更新しています!

参考記事はコチラ

http://josei-bigaku.jp/caloryreset54663/

Fystaアプリのダウンロードはコチラから

The post これで飲み会も怖くない!食べ過ぎをリセットする方法 appeared first on Fysta | フィットネス無料動画(筋トレ/ヨガ/ダイエット/ストレッチ).

  • このエントリーをはてなブックマークに追加