女子の大敵、生理。

生理中はだるさや眠気、異常な食欲やイライラなど、さまざまな症状に悩まされますよね。

生理中の症状は人それぞれ・・・なんて言われていますが、多くの女子を悩ませているのが、だるさ!

下腹部が重くなったり、腰も痛くてなにをするにもめんどくさい・・・頭もぼーっとしてきたりと、あのだるさは本当につらいもの。

そんな生理中のだるさにお悩みの女子たちに朗報!

今回は、生理中のだるさを吹き飛ばす、3つの対策をご紹介します♪

さっそく今日から実践してみてくださいね!

その① お腹をあたためる

血行が促進されると、生理のだるさは緩和されるんだとか。

そんな血行を促進させるために大切なのが、お腹をあたためること。

室内にいても、クーラーなどでお腹は意外と冷えやすいので、カーディガンやブランケットをかけたり、腹巻きを巻いたりしてお腹をしっかりとあたためてあげましょう。

また、トイレにいった際などにそっとマッサージしてあげるのも、生理中のだるさ対策としては効果的ですよ。

その② 湯船に浸かる

湯船に浸かることは、体全体をあたためるためにもとても重要。

先ほどもお伝えしましたが、生理中のだるさ対策として体をあたためることは大切なので、積極的に湯船に浸かるようにしましょう。

「お湯に浸かると出血しそう」「衛生的に不安」など、生理中のお風呂をシャワーだけで済ませてしまう方が多いようですが、生理の時こそ浸かったほうがいいんだとか。

湯船に浸かるとリラックス効果を得られたりもするので、生理中のイライラを吹き飛ばしてくれますよ♪

生理中は、39℃前後のぬるめのお湯に15分~20分程度浸かり、体の芯からじっくりとあたためてあげるのがオススメ。

お風呂から上がったあとも湯冷めしにくく、ぽかぽかな状態が続いてくれるので、生理中のだるさを緩和してくれますよ。

その③ ストレスを溜めない

生理中はホルモンバランスが崩れ、いつもに増してイライラしがち。

そのイライラがだるさにつながってしまうこともあるので、きちんと対策してあげましょう。

ストレスが溜まると、交感神経が活発になるので体の血流が悪くなり、生理痛を悪化させてしまうことも。

好きな音楽を聴いたり、おいしいものを食べたり、自分の好きなことをしながら、なるべくストレスを溜めないようにしましょう♪

最後に

いかがでしたか?

今回は、生理中の3つのだるさ対策をご紹介しました。

なにかとイライラしてだるさがつきまとうやっかいな生理ですが、女子にとっては一生の付き合い。

上手く対策をしてあげることで、生理中のだるさと上手に付き合っていきましょう!

参考記事はコチラ

http://home.kingsoft.jp/news/beauty/godmake/press_141923.html

Fystaアプリのダウンロードはコチラから

The post 【女子必見!】生理中のだるさ対策3選 appeared first on Fysta | フィットネス無料動画(筋トレ/ヨガ/ダイエット/ストレッチ).

  • このエントリーをはてなブックマークに追加