3月も中旬となり、そろそろ「花見宴会」の季節となる。季節限定のイベントということもあり、楽しみにしているという人も多いだろう。『ぐるなび』では全国のぐるなびユーザーを対象に花見宴会に関する意識調査を実施。「花見宴会は好きですか?」と尋ねたところ、好きと答えた人は58.2%。嫌いという人は41.8%となった。そんな、多くの人が心待ち(?)にしている花見宴会でのあるあるを紹介しよう。

花見でよく見る! あるあるな人たちとは…

sakura

居酒屋や店舗と違い、屋外で開催されることから開放感が。つい気が大きくなり、知らない人に声をかけ気づいたときには元のグループとは違うグループに混じっていた…。なんて経験をした事がある、もしくは見たことがあるという人もいるのでは? 実際に、「花見宴会中に酔っ払っい、知らない人と飲んだ経験がある」という人は31.9%と3人に1人が経験してるということが判明。いや、これ多くない?

しかし、ここで気になる結果を発見。なんと、「知らない人と飲んだ経験がある」という人たちの50.5%が「同世代の他の人より出世していると実感」していると答えているのだ。実に2人に1人が実感しているということとなる。なぜだ? 出世する人の特徴として“人の話を聞く”“協調性がある”“人脈”などがある。確かに、知らない人に混じり楽しむということはこれらの条件を兼ね備えている人なのかもしれない。これをきっかけに人脈を広げているということもあるのだろうか?

正直「花より団子」 食事に関するあるある

sakura1

花見宴会といえば、欠かせないのが酒と食べ物。「花より団子」、食事優先という人の方が多いという。手作り弁当を持参したり、屋台で調達したりとさまざま。最近ではデリバリーを頼む人も増えているという。というのも、飲食店のデリバリーサービスを利用したことがある人は、全体の28.6%と、約3人1人が飲食店のデリバリーサービスを利用しているということがわかった。

今年はデリバリーを利用してみようかな? と考えている人へ、オーダーは花見当日ではなく事前に予約しておいたほうが良さそうだ。そのときに、会場の住所を伝え受け取り場所を指定しておくと混乱せずに済むだろう。ちなみに、会場や公園の入り口で受け取るのが基本となる。

その他にも気になる情報が「花見と合コンでは花見のほうが好き」という質問に対し、全体の60.3%が花見のほうが好きと回答し、女性では69.9%と約7割もの共感を集めた。大半が「花見のほうが好き」と答えるなか、「技術・エンジニア」部署に所属する人は唯一「あてはまらない」が半数を上回まったのだ。コツコツと業務をこなすイメージの職業名だけに、大人数が苦手なのか? それとも、集中して話せる状況の方が好ましいのか? など考えてしまう。

早いところでは3月下旬、東京は4月上旬頃に見ごろを迎える。桜なんて誰も見てないじゃないか! なんてことも「あるある」の1つ。それも花見の醍醐味として楽しんで欲しい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ