シリーズ誕生から50周年を迎える最新作「スター・トレックBEYOND」が10月21日に公開され話題に。製作総指揮は、前シリーズの「スター・トレック イントゥ・ダークネス」や「スターウォーズ/フォースの覚醒」などで監督を務めたJ・Jエイブラムス。J・Jファン待望のダイナミックな映像、さらに超迫力アクションが楽しめる内容に目が離せない!

Left to right: Anton Yelchin plays Chekov and Chris Pine plays Kirk in Star Trek Beyond from Paramount Pictures, Skydance, Bad Robot, Sneaky Shark and Perfect Storm Entertainment

危険も顧みず、仲間を救うために奔走するカーク船長
本作は、カーク船長率いるエンタープライズ号が宇宙最果ての未知領域を探索し、新たな謎の敵と遭遇、惑星連邦などの存在意義を問うというもの。エンタープライズ号の壊滅により乗組員は未知の危険な惑星「アルタミッド」に取り残されるが、ペアに分かれながらも再集結を目指す。仲間を救うために、危険も顧みず、熱烈に勘や経験を頼りに生きてきたカーク船長を含めた乗組員(エンタープライズ号)の活躍はオールドファンも必見。仲間との絆を感じるさまざまな人間模様も見ものだ。

startrek

これまで体験したことない臨場感ある映像とダイナミックなアクション
今作の注目は「宇宙にいるのかと錯覚するスピード感ある映像」と「ダイナミックなアクション」。スピード感ある映像は、これまでスター・トレック作品を観たことがないという人でも十分に楽しめるはず。スリルと迫力で興奮しっぱなし、絶対に見ておくべき映画といえよう。

st_pos_f

 

(C)2016 Paramount Pictures. All Rights Reserved. STAR TREK and all related marks and logos are trademarks of CBS Studios, Inc.
配給:東和ピクチャーズ

この記事に関するキーワード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ