前作から約11年ぶりとなるシリーズ第3作「ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期」が、10月29日より全国公開される。世界中の女性たちを笑いと共感の渦に巻き込んだ、あのとびきりチャーミングな等身大のブリジット・ジョーンズが帰ってくるというので、試写会に行き一足先にチェック!

寂しいバースデーから一転! 波乱が巻き起こる!

43歳になったブリジット・ジョーンズ(レニー・セルヴィガー)はなぜか未だに独身。運命の恋人と信じていた、マーク・ダーシー(コリン・ファース)と幸せに暮らしているはずが、現実はなんとも哀れ。自分で用意したケーキに、1人で歌うバースデーソング。“ぼっち”の誕生日を迎えていたのだ。
bridgetjonessdiary-2
彼女の愛した男たちといえば、ダニエル(ヒュー・グラント)は事故で亡くなり、運命の恋人(のはずだった)マークは別の女性と結婚するも今は離婚調停中。そんなとき、ブリジットは憂さ晴らしで行った音楽祭でイケメンIT企業の社長、ジャック(パトリック・デンプシー)と急接近! その一方で、昔の恋人マークと再会し…。そして事態は急展開! そう、デキちゃったのだ。さて、父親はいったい…?

モテ期到来!? ブリジットをめぐり2人の男が奮闘

bridgetjonessdiary-3

ブリジットをめぐってライバル心むき出しのオトナの男たちはなんとも滑稽で呆れるところもあるが、そんなところも可愛らしい。イケメンに挟まれ揺れ動くモテ期のブリジットは特別美人でも性格がとびきり良いわけでもない。しかし、嫌味のない素直さと、自分でまっすぐ突き進む行動力、でもおっちょこちょいで憎めないチャーミングっぷりは放っておけないのだ。

今作品でも「ブリジット・ジョーンズの日記」シリーズおなじみの小ネタの効いた台詞、下ネタやギャグが満載で、映画館にいることを忘れ思わず声を出して笑ってしまった。今回もスカッとすること間違いなしの内容となっている。ブリジット・ジョーンズの日記には、思わず誰かとハイタッチしたくなるような「人生をたのしむ」秘訣が詰まっていた。

bridgetjonessdiary-1

出演:レニー・ゼルウィガー、コリン・ファース、パトリック・デンプシー、ジム・ブロードベント、ジェマ・ジョーンズ、エマ・トンプソン、ダン・メイザー
監督:シャロン・マグワイア 脚本:ヘレン・フィールディング、エマ・トンプソン、ダン・メイザー
原作:ヘレン・フィールディング  配給:東宝東和 (C) Universal Pictures.
製作国・製作年 2015年 UK
●公式サイト: bridget-jones.jp
●Facebook:映画『ブリジット・ジョーンズの日記』 https://www.facebook.com/BridgetJonesMovie/
●Twitter :@BridgetJ_Movie https://twitter.com/BridgetJ_Movie

公開表記:10月29 日 ( 土 )全国ロードショー!

この記事に関するキーワード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ