早いものでもう6月も終盤となり2016年の半分が過ぎ去ろうとしている。日々、仕事に奔走する男性サラリーマンたちにとっては「もうそんな時期か…」というところだろう。そんなことより、毎日たまっている疲れを蓄積される前に解消しておきたいところ。彼らは一体どんなものに癒されているのだろうか。そこでStart Home編集部では、仕事が忙しい男性サラリーマン100人を対象に、自宅と職場を往復する生活の中に見出した、2016年上半期ベスト「癒しグッズ」について調査。人気の高かったBEST5を発表する。

癒しグッズ

◆1位: 入浴剤・・・31%

リラックス効果が高く、自宅で温泉気分を味わえる。手軽さに対し満足度の高いところがポイント。また、仕事に力が入るように、快眠を求めて使用するという回答も多く見られた。

「仕事の癒しを求めて」
・仕事で疲れた身体を、良い香りで癒してくれるので気に入っています。(新潟県/37歳)
・仕事が終わって風呂に浸かる至福の時間。入浴剤の選択からはじまる私の癒しの時間です。(石川県/33歳)

「睡眠の質を向上させるため」
・入浴剤を入れてお風呂に入り終わってから夜眠ると朝まで目が覚めず良く眠れた。(大阪府/35歳)
・入浴剤の使用を始めてから、寝つきがよくなり、安眠できるようになりました。(愛媛県/42歳)

◆2位: 快眠枕・・・21%

特別な工夫がいらず、ただ枕を変えるだけなので、非常に便利なアイテムとしてサラリーマンのハートを掴んだ。疲れがとれることはもちろん、正しい姿勢で眠ることができて、肩こりの改善も見込める。上質な眠りをくれる快眠枕は、サラリーマンを影ながら癒し、支えているのだろう。

「枕を変えるだけの手軽さ」
・面倒臭がりなので凝ったことはできないが、これは眠る時の道具が変わるだけで疲れが取れたので、買ってよかった。(東京都/39歳)
・快眠枕を手に入れるまではぐっすり眠れませんでしたが、枕を変えてからよく眠れるようになりました。(兵庫県/37歳)

「肩こりの解消」
・奮発して良い枕を買ったら、肩こりの辛さが軽減されたように思います。(奈良県/43歳)
・首から肩にかけてコリが酷かったのが、改善しました。(福岡県/43歳)

◆3位: 目のマッサージ機・・・17%

パソコンを使った仕事に就いている人が多い現代社会。その結果、目に疲労がたまってしまう。目を労わることで長く仕事を続けられることから、目のマッサージ機の人気が上昇している。

「体の悩みを解決できるから」
・生まれつき目が悪く、目の疲れには敏感でこれがあると助かります。(福岡県/38歳)
・仕事でパソコンを頻繁に使用するので、目が疲れて頭痛がするのが悩みでしたが、目のマッサージをするようになって、かなり楽になりました。(福岡県/40歳)

「パソコン仕事のお供に」
・IT関係のお仕事で12時間以上ディスプレイを見ていて目が辛いため。(広島県/37歳)
・IT関連の仕事をしており、目が常時疲れている状態なので。(福岡県/35歳)

この記事に関するキーワード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ