沖縄の梅雨入りが発表され、ジメジメとした天気が多くなる時期。そこで気になるのが「生乾き臭」。自分は大丈夫と思っていても、通勤電車でムワッとニオイを放つ生乾きオヤジになっているかも!? これだけでもツライのに、加齢臭が加わってしまったら…。「スメハラ上司・スメハラ先輩」と呼ばれないためにも、こっそりできるニオイ対策をご紹介!

man unshaven stink smell portrait isolated studio on black background

嫁に頼りきるな! 自宅でできる生乾き対策

Asian couple in laundromat

まずは梅雨の生乾き臭対策です。基本はやっぱりこまめな洗濯&乾燥! 天気が悪い時は、部屋干し用洗剤や漂白剤をしっかり使う、コインランドリーや乾燥機でカラッと乾かすなどの対策が重要です。家庭用除湿器の導入もオススメ! 臭いが付いてしまった洗濯物は、酵素系漂白剤を40~50度のお湯に溶かし、数時間浸け置き洗いするという方法も効果的。ポイントは、「奥さんに任せっぱなしにしない」こと。普段の洗濯より手間がかかってしまうので、率先して手伝ったり除湿器をプレゼントすると臭い取りも、ご機嫌とりもでき一石二鳥!

「クサい」のサイン! 会社で生乾き臭に気づいた時の緊急対策

Asian couple in laundromat

職場やチーム全体で「ニオイ対策」をする雰囲気を作り対策を。こまめに換気や消臭剤・消臭重曹スプレーの散布などをして「(自分が)クサいからじゃなくて、こんな季節だからみんなで気を付けよう」という雰囲気作りが重要。その上で、自分の周辺を重点的におこなって「俺、結構気にしてるんだぜ?」と無言のアピールで周りを和ますのもよし。もし、上司がクサイ場合でも、「僕、嫁に言われて最近ニオイケアしてるんですよ。部長は奥さんに言われたりしませんか?」など話を振り、誘導するという手も。

湿気で広がる加齢臭…。加齢臭ケアも忘れずに

Asian couple in laundromat

湿気だけでなく加齢臭ケアも大切。自宅で簡単にできるのが、しっかり湯船に浸かること! 毛穴の中には酸化した皮脂汚れなどが詰まっているので、シャワーだけでなくお風呂に浸かり、毛穴を開いて汚れを洗い流すこと。また、お風呂上がりにしっかり乾かすことも忘れずに。きれいにシャンプーをしても、生乾きでは、嫌な蒸れたニオイを引き起こしてしまうので要注意。そのほか、加齢臭の原因となる体内の活性酸素を抑えるべく肉や脂物を控え、野菜中心の食事を心がけることも必要。

湿気が多くなると雑菌が繁殖し、自然とニオイはキツくなるもの。「もしかして自分のことかも…?」と気になった人は、今日からニオイケアを! 仮に元のニオイが酷くなかったとしても、清潔さを心がけることはビジネス面でも異性からも、間違いなく嫌われることはないだろう。「他人のこと」と思わずにこまめなケアを忘れずに!

この記事に関するキーワード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ