母と暮せばレビュー

これは、役者を観る映画だ、と言ったら乱暴だろうか。
「母と暮せば」には大掛かりなセットも、過剰な描写も、観客をあおる演出もない。ただ、戦争という時代のひずみを経験した人たちが淡々と描かれているだけだ。
それ故に、吉永小百合という女優と二宮和也という俳優の魂のぶつかり合いが、人間の優しさや業、そして強さと脆さを際立たせる。
無駄が省かれているが故に、様々な感情が観客の魂を大きく揺さぶって離さない。山田洋次監督が戦後70年という今年、2015年に表現したものは、単なる戦争悲話でもありがちな感動を起こさせるだけの作品でもない、人間の魂を描いた物語である。『母と暮せば』WEBサブ②(伸子&上海のおじさん)

長崎に原爆が投下された1945年8月9日の午前11時02分、医学生であった浩二(二宮和也)は講義の最中に被爆する。一瞬で視界が光と共に崩れ、何かを考える時間さえなく、浩二に訪れたのは「死」という空白だった。
この映画の中で唯一リアルに描かれるこのシーンで、観客は「戦争」を疑似体験することになる。そしてそれは、この作品の根底にある、戦争という現実を常に意識させることになる。

原爆投下から3年後の8月9日。長崎で助産師をする浩二の母伸子(吉永小百合)と、浩二と恋仲であった町子(黒木華)は連れ立って墓前にいた。骨のひとかけらさえ出てくることのなかった浩二。形ばかりの墓に手を合わせながら、二人は浩二がまだどこかで生きているのではないか、という願いに、区切りをつけようとしていた。『母と暮せば』WEBメイン

その夜、伸子の前に浩二が突然姿を見せる。
既にこの世の存在ではなくなった浩二は、まるで生前の姿そのままに饒舌に語り出し、思い出を辿ってゆく。好きだったメンデルスゾーンのヴァイオリンコンチェルト、母との思い出、生前に夢見ていたこと・・・・・・そして、大切な存在であった町子への想い。

山田洋次監督ならではの人間味あふれる描写によって、伸子の日常に突然現れた浩二の存在は光にも見える。家族を全員亡くし、ただ、生きるために毎日を過ごしてきた伸子にとって、たとえその存在が幻影であったとしても、愛する息子浩二の存在によって、伸子はつかの間生き生きとした表情を取り戻したからだ。
しかし、そこに浮かび上がるのは、死によって決して交わることはない母と子の永遠の断絶という影にほかならない。その光と影のコントラストは強烈で、闇の中に落ちたひとかけらの明かりを探しつづけるようなもどかしさを感じずにはいられない。

敬虔なクリスチャンである伸子を演じる吉永小百合の、繊細で慈愛に満ちた演技は、両手を広げて微笑む聖母マリアのようにおおらかで、温かだ。しかしその瞳の中には常に哀しみを湛え、毎日をなんとか生き続けている伸子の姿に、何度も目頭が熱くなる。吉永小百合にしか演じることの出来ない母の像だ。
そして、シリアスな役柄も多い二宮和也だが、この作品の中では、伸子にとっての一縷の光として、大げさな程に明るいキャラクターを演じている。一方で彼の演じる浩二は、生前の想い人であった町子という存在に対してはひどく臆病で、時に涙をこぼし、時に癇癪を起こしたりする。この振れ幅の大きな役を演じきった二宮和也の存在感が、吉永小百合のそれと相まって、観客を引き込んで行く。

脇役陣も、全員が主役級
浩二の存在を忘れるよう、何度も伸子に諭されながら、それをすることが出来ない町子を演じる黒木華、上海帰りで豪気な闇市の商売人を演じる加藤健一、そこに小林稔侍と橋爪功という重鎮が、印象的な役柄で物語に重みを加える。『母と暮せば』WEBサブ③(町子&民子&復員局の職員)
そして、軍人上がりの教師を演じる浅野忠信の存在感がまた、物語のクライマックスに大きな一石を投じ、圧巻のラストへと進んでゆく。
殆どが伸子の家の中でだけ進むこの映画は、映画作品でありながら、実に演劇的だ。役者一人ひとりの存在感が、際立っている。でも、だからこそ、非現実的なファンタジーの筋書きをとりながら、戦争によって様々に歪んでしまった人々の深い慟哭を伝えきったのだと思う。
戦後70年の今年、この作品をどんな気持ちで観るのか、あなたの目で確かめてみて欲しい。

母と暮せば作品紹介

「母さんはあきらめが悪いから、なかなか出てこられなかったんだよ」。

1948 年8 月9 日、長崎。助産婦をして暮らす伸子(吉永小百合)の前に、3 年前に原爆で亡くしたはずの息子・浩二(二宮和也)がひょっこり現れる。伸子は呆然とした。その日浩二の墓の前で「あの子は一瞬の間に消えてしまったの。もうあきらめるわ」と言ったばかりだったのだ。「あなたは元気なの?」そう伸子が尋ねると、浩二は腹を抱えて笑い出した。「僕はもう死んでるんだよ。元気なわけないだろう」。その日から、浩二は時々伸子の前に現れるようになった。二人は、楽しかった思い出話ら他愛もないことまでたくさんの話をするが、一番の関心は、医学生だった浩二の恋人・町子(黒木華)のことだった。結婚の約束をしていた浩二を突然失ってしまい、心の行き場もないまま、この3 年ずっと伸子を気にかけてくれる優しい娘だった。「浩二、もし町子に好きな人が現れたら、あの子のことを諦めるしかないのよ。だって、あなたはもうこの世の人じゃないのだから。あの子の幸せも考えなきゃね」。伸子の言葉に、浩二は口を尖らせる。「町子には僕しかいないんだ」わかっているけれど、受け入れることができない浩二。伸子はそんな息子が愛おしかった。ふたりで過ごす時間は特別なものだった。奇妙だったけれど、楽しかった。その幸せは永遠に続くようにみえた――。

母親・伸子役に吉永小百合、息子の浩二役に二宮和也、浩二の恋人・町子役には黒木華という理想的なキャスティングで山田洋次監督が初めてつくる、やさしく泣けるファンタジー作品が誕生します。

『母と暮せば』WEBサブ①(町子&黒田)

12 月12 日(土) 全国ロードショー

(C)2015「母と暮せば」製作委員会

▼公式サイト
http://hahatokuraseba.jp/

『母と暮せば』 松竹120 周年記念映画

吉永小百合 二宮和也
黒木華 浅野忠信 加藤健一
広岡由里子 本田望結 小林稔侍 辻萬長 橋爪功
監督/山田洋次
脚本/山田洋次・平松恵美子
企画/井上麻矢(こまつ座) プロデューサー/榎望
撮影/近森眞史 美術/出川三男 照明/渡邊孝一 編集/石井巌 録音/岸田和美
製作/「母と暮せば」製作委員会 制作・配給/松竹株式会社 題字/100%ORANGE

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ