株式会社サンライズプロモーション東京(所在地:東京都港区)は、2016年3月に、『談ス』(出演:大植真太郎、森山未來、平原慎太郎)の全国ツアーを開催することを発表致します。

メインビジュアル
メインビジュアル

公式サイト: http://www.dansu2016.com/

■『談ス』紹介
3人のダンサーが言葉を交わし、身体をぶつけ合い、めまぐるしく展開していくパフォーマンス、これが『談ス』。
2014年9月に青山円形劇場にて初演されたこの作品は、尋常ではない反響を呼んだ。その後、各地からの上演要請が相次ぎ、舞台作品としては異例の1ヶ月ツアーが決定。このあとの展開が予想できない。

大植真太郎、森山未來、平原慎太郎。

それぞれにバックグラウンドの違う3人の男達が集まり、ストックホルムで、東京でワークショップを行ってきた。そのワークの先にシンプルかつ複雑な、そして誰も見たことのない肉体と言葉によるフィジカルパフォーマンスが出現した。

■2014年 初演時の劇評
青山円形劇場特有の黒い円舞台に白墨を使った美術が効果的だ。3人は立てた白墨をまねてポーズを取り、床に文字や絵を描き、粉々に砕き、景色を刻々と変容させる。振り付けは体の一部のコンタクトから大胆に展開し、アクロバット技で組み合い、鋭く宙を舞い、ゆるゆる崩れ落ちて重なる。大植、平原と渡り合う、森山の体のしなやかな強さも印象深い。音楽はないが、ダンスと並行するシュールな語りや笑い、叫び、呼吸が空気を自在に変えていく。
美術と物語は黒と白、大と小の対立を提示するが、強弱、緩急をつけ衝突を続ける1人対2人の対称、かつ非対称なダンスの構造は、対立と融合を繰り返し、大きなうねりを生んでいく。70分の熱演後、3人は真っ白に燃え尽き、暗転。美術や演劇を取り込みつつ、体を媒介に異質な他者と出会い、差異の対立を超えて新たな地平を開くコンテンポラリーダンスの魅力を実感させた。(舞踊評論家 岡見さえ)

■公演概要
【公演スケジュール】
2016年
3月1日(火)19:00     :鎌倉芸術館 小ホール(神奈川公演)
3月3日(木)~3月8日(火) :イイノホール(東京公演)
※3月3日(木)19:00、3月4日(金)19:00、3月5日(土)13:00/17:00、
3月6日(日)13:00、3月7日(月)19:00、3月8日(火)13:00
3月9日(水)19:00     :名古屋市青少年文化センター アートピアホール
(名古屋公演)
3月11日(金)~3月13日(日):大阪ビジネスパーク円形ホール(大阪公演)
※3月11日(金)19:00、3月12日(土)13:00/18:00、3月13日(日)13:00
3月16日(水)19:00    :金沢市文化ホール(金沢公演)
3月17日(木)19:00    :りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館(新潟公演)
3月19日(土)15:30    :リンクモア平安閣市民ホール(青森市民ホール)
(青森公演)
3月20日(日)15:30    :電力ホール(仙台公演)
3月22日(火)19:00    :道新ホール(札幌公演)
3月24日(木)19:00    :ロームシアター京都 サウスホール(京都公演)
3月25日(金)19:00    :広島市南区民文化センター ホール(広島公演)
3月26日(土)15:30    :アクロス福岡 イベントホール(福岡公演)
3月27日(日)15:30    :コンパルホール(大分公演)
3月29日(火)18:30    :国立劇場おきなわ(沖縄公演)

【公式サイト チケット先行】
受付期間: 10月24日(土)昼12:00~11月8日(日)23:59(抽選受付)
受付URL : http://www.dansu2016.com/

【チケット料金】
前売・当日:一般 6,000円/U-20 2,000円 (全席指定・税込)
U-20・・・公演日に20歳以下を対象としたチケットです。
来場時に年齢明記の写真付身分証の提示が必要となります
(チケットぴあでの販売のみ)。
※2歳以下入場不可

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ