株式会社SCRAP(所在地:東京都渋谷区、代表者:加藤隆生)はリアル脱出ゲームの新シリーズ「Real Escape Game color series」の第一弾「Escape from the RED ROOM」、そしてお化け屋敷プロデューサー五味弘文氏と共同製作した、お化け屋敷×リアル脱出ゲーム「かくれ鬼の家からの脱出」を、2015年6月24日(水)にオープンする常設型リアル脱出ルーム新店舗「アジトオブスクラップ浅草」にて同時開催致します。
今回ご案内する2つの新作はどちらも制限時間は30分、参加人数は最大6人、価格が1,800円で遊べる体験型ゲーム・イベントです。
外国人から子供まで幅広い層まで遊べる言葉のいらない「RED ROOM」、さらにお化け屋敷のドキドキ感とリアル脱出ゲームの謎解き爽快感を同時に味わえる「かくれ鬼の家からの脱出」。
2つのゲームで魅力溢れる「アジトオブスクラップ浅草」にご期待下さい。
かくれ鬼の家からの脱出
■開催によせて
いつも思うことですが、作られた空間よりも、すでにそこにあるものに物語や謎を仕掛けたいです。
そもそも時代を超えてきた建物や、そこで長い時間生活があったことにこそ物語が内包されていると思っています。
浅草の店舗はまさにその「生活感」がそのままゲームになりました。
誰かがそこに暮らしていて、時間を過ごし、笑ったり泣いたりしたであろう空間にゲームと物語を注ぎ込みました。
もちろん、それだけじゃなくて、めちゃくちゃ作りこんだ不思議な空間も用意したのですが、浅草のビルにアジトを作ろう!と決めたのはその生活感でした。
吾妻橋を越えて少し歩いた静かな場所に、浅草アジトがあります。
浅草に数多ある観光名所の一つになれたらいいなとこっそり思っております。
どうぞよろしくお願いいたします。
加藤隆生(SCRAP代表)

【店舗概要】
「アジトオブスクラップ浅草」
オープン日: 2015年6月24日(水)
所在地:〒130-0001 東京都墨田区吾妻橋1-17-2
TEL:03-6284-1696 (受付は営業時間に準じます)
Webサイト:http://realdgame.jp/ajito/asakusa/

■Real Escape Game color series vol.1
「Escape from the RED ROOM」

あなたは突然ある部屋に閉じ込められる。
そこにはパズルや暗号はない。
ここにあるのは、謎めいた道具、統一された色で作られた壁、そして開かない扉。
もしあなたが言葉を一切話せないとしても、この謎は解き明かすことができる。
あなたは自らの手でこの部屋の扉を開け、ここから脱出しなくてはならない。
「本当にリアルな脱出ゲーム」がここにある。

【Real Escape Game color seriesとは】
制限時間内に謎や暗号を解き明かし、閉ざされた空間から脱出を目指す参加型ゲームイベント、リアル脱出ゲーム。今までのリアル脱出ゲームは言葉を使って「謎や暗号」を解き明かし、最後の鍵となるものを見つける必要があった。しかしこの新シリーズには「言葉を使った謎や暗号」は一切ない。部屋の中に残されたわずかなヒントからの直感・閃きのみを頼りに、ただひたすらに閉じ込められた部屋からの脱出を目指すゲームである。
故に、外国人の方や小さなお子様など、誰もが同じように楽しめるものとなっている。

【公演概要】
場所:アジトオブスクラップ浅草1F
第一次販売期間:2015年6月24日(水)~2015年8月30日(土)
公演時間:11:00/12:00/13:00/14:00/15:00/16:00/17:00/18:00/19:00/20:00/21:00
料金:1,800円  ※前売券が完売した場合、当日券の販売はございません。
チケット:2015年6月13日(土)12:00 イープラスにて販売

■お化け屋敷×リアル脱出ゲーム
「かくれ鬼の家からの脱出」
〜もういいかい? まあだだよ……〜

その街には幽霊屋敷の噂があった。「その屋敷に一度入ったらもう出られない」
そして、その噂を裏付けるように、その町では失踪事件が頻発していた。

あなたはこの事件の捜査員。
犯人が留守の間にその幽霊屋敷に忍び込みこの失踪事件の真相を見つけ出さなくてはならない。

薄暗い家の中を、必死に捜索するあなたたち。その時、不意にドアが開き、誰かが入ってきた……!
「もういいかい?」

あなたはかすれた声でなんとか応える「まだだよ」と。不意にくすくす聞こえる笑い声。
どうやら恐怖のかくれんぼがはじまったようだ。

この屋敷に隠された秘密とは?なぜかくれんぼをしなくてはならないのか?
そして、この屋敷から無事に脱出する方法とは?

あなたは、この迫りくる恐怖に打ち勝ってこの屋敷の謎を解き、見事「かくれ鬼の家」から
脱出することはできるだろうか?

【公演概要】
場所:アジトオブスクラップ浅草2F
第一次販売期間:2015年6月24日(水)~2015年8月30日(土)
公演時間:11:00/12:00/13:00/14:00/15:00/16:00/17:00/18:00/19:00/20:00/21:00
料金:1,800円 ※前売券が完売した場合、当日券の販売はございません。
チケット:2015年6月13日(土)12:00 イープラスにて販売
主催:SCRAP/株式会社オフィスバーン

【開催によせて】
以前から、リアル脱出ゲームとお化け屋敷は相性がいいのではないかと思っていました。とはいえ、良く考えてみると、この二つの楽しみ方には大きな違いがあります。リアル脱出ゲームでは、謎に満ちた世界は参加者の頭の中に広がります。一方、お化け屋敷では、恐怖に満ちた世界は目の前に現れます。どちらに寄ってもどちらかに違和感が残ります。この課題を、今回乗り越えられたんじゃないかと思っています。
いずれにしても、参加者が自らの想像力によってある世界の住人になるということには変わりないですから、面白くないわけがありません。今回の企画が、リアル脱出ゲームにとってもお化け屋敷にとっても、新しい扉を開くものになるのではないかと思って、結構興奮しています。
五味弘文(お化け屋敷プロデューサー)

【五味弘文プロフィール】
1992年から、東京ドームシティ アトラクションズのお化け屋敷を手がける。お化け屋敷にストーリーを持ち込み、お客様に役割を担わせることでそのストーリーに参加させるスタイルを確立する。代表作に、赤ん坊を抱いて歩く「赤ん坊地獄」、手錠に繋がれて歩く「恐怖の手錠地獄」、靴を脱いで体験する「足刈りの家」、幽霊と指切りをする「ゆびきりの家」などがある。
『人はなぜ恐怖するのか?』(メディアファクトリー)、『お化け屋敷になぜ人は並ぶのか』(角川oneテーマ21)、小説『憑き歯~密七号の家』(幻冬舎文庫)などの著書もある。

【店舗概要】
「アジトオブスクラップ浅草」
オープン日: 2015年6月24日(水)
所在地:〒130-0001 東京都墨田区吾妻橋1-17-2
TEL:03-6284-1696 (受付は営業時間に準じます)
Webサイト:http://realdgame.jp/ajito/asakusa/ (2015年5月27日18:00公開予定)

■アジトオブスクラップとは?
一つの部屋に10人以下で閉じ込められて、全員で協力して謎を解くリアル脱出ゲーム。室内すべてが物語の装置になるため、より深い物語体験を得ることが出来る。チーム全員でのかなりアグレッシブな探索が必要で、ソファーをひっくり返す、じゅうたんをめくる、机の裏側を見るなど、日常では起こりえない光景が繰り広げられる。密室に閉じ込められ、その場所専用の音響、映像、照明で創造されるゲーム空間は、もっともプリミティブなリアル脱出ゲームである。

■リアル脱出ゲームとは?
2004 年に発表された「クリムゾンルーム」というネットの無料ゲームを発端に、爆発的に盛り上がった「脱出ゲーム」。そのフォーマットをそのままに現実世界に移 し替えた大胆な遊びが「リアル脱出ゲーム」。マンションの1室や廃校、廃病院、そして東京ドームや六本木ヒルズなど、様々な場所で開催されている。日本のみならず台湾、サンフランシスコやニューヨークなど全世界で参加者を興奮の渦に巻き込み、男女問わずあらゆる世代を 取り込む、今大注目の体験型エンターテイメントである。

この記事に関するキーワード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ