滋賀県草津市では、熱気球から見る琵琶湖の美しい景観と雄大な山々を存分に体感できる『熱気球フライト(※係留)』を2015年7月24日(金)から8月10日(月)の間、金・土・日・月曜日、12日間開催します。

上空からの様子 

 この時期には、びわこ烏丸半島、大群生地の蓮(ハス)が開花します。上空の景観とともに、地上では、ピンク色に咲き誇った、ハスの花を楽しむことができます。琵琶湖を取り囲むように連なる伊吹山・箱館山・比良山・比叡山の並びの迫力は圧巻です。

※ 係留とは
係留とは気球をアンカーにつなぎ止めておくことです。上空20~30mくらいの高さまで上がりますが、それ以上は上昇しません。約5分程度、上昇・滞留・降下しますので安全です。

【開催概要】
■開催期間
(早朝)7月24日(金)から8月10日(月)[金・土・日・月曜日の12日間]
午前6時から午前9時の間
※当日、雨天や風の影響で気流等が安定しない場合は中止することがあります。

■実施場所
滋賀県草津市烏丸半島 滋賀県立琵琶湖博物館前広場(草津市下物町1091)

■事前予約
搭乗日の4日前までにインターネット上の申込フォーム、または所定の申込書でFAXにてお申込みください。(一部当日申込みあり)
2016年6月15日(月)より草津市観光物産協会ホームページより受付開始します。

■搭乗料金
大人(中学生以上)        :予約2,000円、当日2,500円
子ども(4歳以上:保護者の同乗要):予約1,000円、当日1,500円
4歳未満(保護者の同乗要)    :無料
※料金の支払いは当日受付にて

■搭乗時間
1回:5分程度

■搭乗者
平日は大型1機の最大8名、250名程度を募集します。
土・日は大型1機と中型1機の最大13名、350名程度を募集します。
予約の受付のみではなく、当日の受付も行ないますが、料金が異なりますので、ご注意ください。

■その他
期間中に草津市内の宿泊施設でご宿泊いただくと、熱気球搭乗時に割引特典が受けられます。

■実施主体
草津熱気球搭乗事業実行委員会

【構成メンバー】
草津市観光物産協会/草津商工会議所/KHC会(草津ホテル連絡協議会)/一般社団法人草津北部まちづくり協議会/道の駅草津(グリーンプラザからすま)/草津市(市立水生植物公園みずの森、商工観光労政課)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ