NPO法人エティック(東京都渋谷区)とアメリカン・エキスプレス財団(本部:ニューヨーク)は、社会起業家を対象とした第5回「アメリカン・エキスプレス・サービス・アカデミー」を開催します。本研修プログラムは、顧客や社会のニーズに対する理解を深め、より良いサービスを提供し、社会的インパクトの高い事業を展開することを目的とした日本で唯一の「サービス」に特化したプログラムです。

講義イメージ
講義イメージ

●2011年の開始以来、今年で5回目を迎え、研修生は118名を数えます。
●5年間蓄積したノウハウを更に全国各地で広げるため、今年度は大阪でも開催します。
●研修生は自身の事業を振り返り、サービスを可視化し、より良いビジネスモデルやサービスを創り出すための組織変革を考えます。

≪118名もの社会起業家を輩出する研修プログラム≫
今年で5年目を迎える東京会場は、これまで118名もの研修生を輩出しています。過去参加者にはTeach for Japanやカタリバ、マドレボニータなど、日本のソーシャルビジネスの分野を切り拓き、第一線で活躍する団体も多く、社会起業家の横のつながりを生むきっかけにもなるプログラムです。

【東京会場】
実施日:2015年6月12日(金)~14日(日)
会場 :中野コングレスクエア&中野サンプラザ(JR中野駅徒歩5分)

≪関西地域のサービスづくりにフォーカスした大阪開催決定≫
大阪会場では、特に関西地域に特化した起業家を広く募り、地域をフィールドに課題解決に取り組む株式会社西粟倉・森の学校 牧 大介代表取締役をはじめとする社会起業家をゲストに招き、関西の資源を活用したサービスづくりなどを学びます。

【大阪会場】
実施日:2015年7月10日(金)~12日(日)
会場 :CIVI研修センター 新大阪東&新大阪ワシントンホテルプラザ(JR新大阪駅徒歩1分)

■類を見ない「サービス」に特化した研修機会
研修プログラムでは、日本初の24時間デイケア・サービスを開始し、様々な社会変革をリードするケア・センターやわらぎ代表理事/立教大学 21世紀社会デザイン研究科教授の石川 治江 氏監修の下、講演、グループワーク、プレゼンテーションなど様々なセッションを組み合わせた独自のカリキュラムを提供します。有望な社会起業家が3日間を通して、「サービス」の様々な側面をビジネス、NPO双方の第一人者から学び、顧客や社会が本当に必要とするサービスを提供するビジネスプランを練ります。

●プログラム概要
<目的>
1) 若手社会起業家が事業のソーシャル・インパクトを高められる様、「サービス」について学び、確固たるサービス基盤を形成・維持すること。
2) 若手社会起業家が相互に刺激を受け、切磋琢磨するネットワークを構築し、パートナーシップを促進すること。

<内容>
介護福祉サービスのパイオニアである、ケア・センターやわらぎ代表理事/立教大学 21世紀社会デザイン研究科教授の石川 治江 氏監修の下、講演、グループワーク、ワークショップ、プレゼンテーションなど様々なセッションを組み合わせた独自のカリキュラム。社会起業家として高いレベルのサービスを展開する先駆者や、アメリカン・エキスプレスの幹部を含むビジネスの第一線で活躍するプロフェッショナルがサービスに関する思考のフレームワークやベストプラクティスを講義。
大阪開催については、上記に加え、地域をフィールドに課題解決に取り組む社会起業家をゲストに招き、地域資源を活用したサービスづくりについて学ぶ。

<参加者>
原則創業5年以上の社会起業家、または、ソーシャルイノベーションの現場を実施している団体(法人格は問わない)の経営層人材。

●過去参加者の声
これまで本プログラムに参加頂いた社会起業家の方々の多くが、現在全国各地で活躍されています。研修当日は、OBの方もパネルセッションに参加し、研修後の変化など経験をフィードバックする機会を設けます。

『「サービス」という観点で事業は考えたことがなかったが、我々はサービス業なのだと改めて思った。現場は属人的なサービスが多い。アカデミーで学んだ手法を活かし、スタッフの育成、モチベーションアップにもつなげている。』
(日本ブラインドサッカー協会 松崎 英吾 氏/2011年度参加)

『非日常でのインプットとアウトプット。業務から離れて缶詰になったこと。こんな機会でもなければミッションに立ち返って考え直すことはできない。業務の可視化を考えていたところだったので、非常に多くの学びがあった。』
(公益社団法人チャンス・フォー・チルドレン 今井 悠介 氏/2013年度参加)

詳細なプログラムについては下記、添付資料にてご確認下さいませ。
https://www.atpress.ne.jp/releases/62947/att_62947_1.pdf

<NPO法人ETIC.>
NPO法人ETIC.は、1993年の設立以来、若者育成を通じた社会変革の加速を目指して活動を展開して参りました。長期実践型インターンシッププログラムや、様々な社会起業支援プログラムを通じて、これまでに2,380名の若者育成、200名以上の起業家を輩出して参りました。様々なステークホルダーと協業し、挑戦の場を創っていくことにより日本に挑戦の生態系が生まれ、私達の目標が達成されるものと考えています。

<アメリカン・エキスプレス財団>
アメリカン・エキスプレスは、社会に貢献する良き企業市民であることを企業理念の一つに掲げています。1954年にアメリカン・エキスプレス財団を設立し、現在は3つの活動の柱(「文化遺産の保護・修復」、「地域社会への貢献」、「明日のリーダー育成」)をもとにグローバルな規模で社会貢献活動に取り組んでいます。優れたリーダーの育成に力を注ぐアメリカン・エキスプレスの信念を反映した「明日のリーダー育成」の活動では、2009年に「アメリカン・エキスプレス・アカデミー」を日本で創設し、社会で活躍するNPOのリーダーや若手起業家のリーダーシップ育成に取り組んでいます。

この記事に関するキーワード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ