株式会社松竹マルチプレックスシアターズ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:秋元 一孝、以下 SMT)が運営する、ママと赤ちゃんのための上映会「ほっとママシネマ」の累計参加者が延べ10万人を突破いたしました。

ほっとママシネマ1

■ママと赤ちゃんのための上映会「ほっとママシネマ」とは?
“子育てママが子どもと一緒に安心安全100%、快適に話題作を楽しめる仕組みづくり・場所づくり”をテーマに、SMTが展開する全国のMOVIXブランド劇場(および、なんばパークスシネマ)で実施している上映企画です。
公式ホームページからの予約方式で、子育てママのニーズにマッチした映画作品を、平日の午前中に月1回以上のペースで開催。細部にまで気を配った劇場の受け入れ態勢とホスピタリティで、地域の子育てママの集いと憩いの場をご提供しています。
また、劇場が入居する商業施設連携はもちろん、各企業や学校、あるいは自治体や子育て支援団体等とも連携をはじめ、「ママ×地域×映画館」が繋がるイベントとして高い評価をいただいています。

■「ほっとママシネマ」のはじまり
「出産前後~育児のおよそ3年間、大好きな映画がみれない!地元に根ざす映画館として、ママが安心して集える場所を創ってほしい。」という子育て支援団体からの相談があり、2008年にはじまった上映企画。開始翌年から「ほっとママシネマ」として本格稼働をはじめ、子育てママの生の声を運営に反映しながら実施劇場、開催回数を増やし、全国22劇場で展開する“子育てママが安心できる定番イベント”として定着いたしました。

■「ほっとママシネマ」の特徴
◎一般的な映画館鑑賞とは全く異なる劇場づくりで、ママと子どもが快適に過ごせる空間づくりを徹底し、大人1名につきプラス1席(合計2席)を提供。子どもの着席やお荷物置きなどの用途が自由な上、混雑感もなくゆったりとした鑑賞環境で、最新映画をお楽しみいただけます。

◎会場は、子どもに優しい音量&明るさだけでなく、室温設定にもこだわっています。また子どもの緊急時にも安心して対応できるように劇場内に授乳&オムツ交換スペースを設置しています。

◎1時間半~2時間程度の映画鑑賞は子どもが退屈してしまい、スクリーン前の広いスペースで走り回ったり転がったりも…。そこで「ほっとママシネマ」では、シアター内に「おもちゃ広場」を設置。自由に遊ばせながらママも映画を楽しめます。

◎安心安全&子どもに優しい会場作りのために専用の「みまもりSTAFF」を配置してママをサポートします。

◎上映前やお帰り時には、各種キャラクターの登場やウレシイお土産つきのサービスも不定期でご用意しております。

■キッズデザイン賞も受賞!
これまでの劇場概念にとらわれない独創的な鑑賞環境や運営手法が評価され、2014年には「第8回キッズデザイン賞(子どもの産み育て支援デザイン 個人・家庭部門)」を受賞。今後はクオリティに一層の磨きをかけ、ひとりでも多くのママに“最新映画を子どもと一緒に気兼ねなく楽しめる場所”を提供し、次世代へとつながる映画ファンづくりに貢献して参ります。

■開催概要
企画名称: ほっとママシネマ
企画概要: 月1回以上の頻度で最新映画を子どもと一緒に
気兼ねなく楽しめる上映会を開催。
料金  : 一般 1,200円、3歳未満 無料、
3歳以上~未就学児迄 800円
申込方法: 公式ホームページからの完全予約制(キャンセル無料)
URL   : http://www.hotmama-cinema.jp/

この記事に関するキーワード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ