Bunkamura ザ・ミュージアム(渋谷)では、「ボッティチェリとルネサンス フィレンツェの富と美」展を2015年3月21日から開催しております。
ボッティチェリ

「ボッティチェリとルネサンス」展は、初期ルネサンスの巨匠 サンドロ・ボッティチェリの作品をはじめとする、絵画、彫刻、工芸、資料など計約80点により、ルネサンスの原動力となった金融業の繁栄と近代に通じるメセナ活動の誕生を紹介する展覧会です。

本展の最大の見どころは、国内史上過去最大数となるボッティチェリ作品17点(工房作などを含む)の来日。イタリア、フランス、アメリカから集結した17点のうち、14点もの作品が日本初公開となります。
ウフィツィ美術館所蔵の至宝、横幅5メートルにも及ぶフレスコ画《受胎告知》や、ボッティチェリの代表作「ヴィーナスの誕生」から女神の姿のみを取り出し描かれた《ヴィーナス》(トリノ、サバウダ美術館)、イタリア国外門外不出リストにも記載されている《聖母子と洗礼者聖ヨハネ》(ピアチェンツァ市立博物館)(GW最終日 5月6日(水・休)までの期間限定展示)など、まさに奇跡の来日ともいえる展示内容となっています。

次回は、いつ来日するのか分からない必見の作品をご覧いただける展覧会です。

【本展開催情報】
展覧会名  : 「ボッティチェリとルネサンス フィレンツェの富と美」
会場    : Bunkamuraザ・ミュージアム
会期    : 2015年3月21日(土・祝)~6月28日(日)
*4月13日(月)と4月20日(月)のみ休館
入館料   : 一般 1,500円、大学・高校生 1,000円、中学・小学生 700円
開館時間  : 10:00~19:00(入館は18:30まで)
毎週金・土曜日は21:00まで(入館は20:30まで)
URL     : http://botticelli2015.jp/
お問い合わせ: 03-5777-8600(ハローダイヤル)

この記事に関するキーワード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ