本日の美人スペシャリスト美容研究家の関口陽子さん

関口さんはピラティスやベリーダンスをベースに、筋肉バランスと姿勢を整え、女性らしい仕草を磨くボディワークのレクチャーや、オーラソーマを通じ、女性が本来の自分自身を発見するためのメンタルサポートをされていらっしゃいます。
bellydance3
また「ハッピーオーラを纏う『優美で官能的な女性』を増やしたい」という想いの下、スキンケア・生活習慣の改善により、美肌を手にいれることで、女性一人ひとりが持つ美しさを最大限に引き出すことに注力した活動も精力的に行っていらっしゃいます。

~今の活動を始めるまで~

大手のゲームメーカーで宣伝PR担当として7年間、さらに海外部門で6年間勤務され、国内だけでなく海外(特に欧州・北米)を飛び回る日々を過ごしていた関口さん。

その後、ご出産され半年間の育児休暇を取得し、一度職場復帰しましたが、35歳で大学院受験を決意。早稲田大学 大学院法務研究科に入学し、法務博士号を取得されました。
現在は、美しい女性を増やすべく「美容研究家」として活動している関口さんですが、今の仕事を始めるまでは、やはり悩みもあったそう。なぜなら「美容研究家」の仕事は、会社員としての経験とは全く無関係、さらにはせっかく卒業した法科大学院で学んだ内容とも、全く関係のない仕事だからです。

ですが、関口さんの長年の夢のひとつに「美容の仕事に携わる」ということがありました。ご自身の進むべき道を考えていたとき、「自分が好きなこと」だからこそ、友人からも「美容・健康オタク」と言われる程の知識と実践経験が豊富であることに気づきます。

そして、自分と同じように「キレイになりたい!」と願う女性は、世界中にたくさんいることに改めて気がついたのです。
「女性を美しく」するためのスキルはある。そしてマーケットもある。

あとは行動のみ!ということで、思い立った2014年10月から、2ヶ月の準備期間を経て、2014年12月、渋谷でピラティスとベリーダンスの動きを使った骨盤調整クラスを開講し、美容研究家としての第一歩を歩み始めました。

~今の活動への想い~

現在は、ピラティスやベリーダンスのようなボディワークに留まらず、女性が美しくあるために必要な美容全般のアドバイスを行っていらっしゃいます。
「20歳以降の美は、健康なくしてあり得ず、30歳を過ぎると、心の持ち方がダイレクトに外見に影響します。

すべての女性はとても美しいのに、そのことに気づいていない方がなんと多いことか。。。私のセッションを通して、ご自身の美しさに早く気付いていただきたいと願っています。」とおっしゃる関口さん。

これからも、ご自身の経験を元に導き出されたロジックに裏打ちされた、様々なテクニックで、女性一人ひとりが持つ魅力を引き出していっていただきいたいですね。
ピラティス・骨盤矯正ベリーダンス教室「Feminine Allure Project」 Webサイト
http://feminineallure.pink/

<関口陽子さん 略歴>

東京都大田区出身。聖心女子大学文学部哲学科卒業後、大手ゲームメーカーにて宣伝PRを7年間、その後は海外部門に6年間勤務。仕事で国内のみならず欧州・北米を飛び回る。35歳で早稲田大学大学院法務研究科に入学の後、法務博士号を取得。再婚したアメリカ人の夫との間に1女。FTPマットピラティスインストラクター、ビューティぺルヴィスフローダンス®トレーニングコース修了、オーラソーマプラクティショナー(level3)、行政書士と幅広い資格を持つ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ